「Fan+(ファンプラス)」に鉄道ファン向け新ショップ登場!惜しまれつつ引退していった名車たちを動画配信する「ザ・ラストラン」 第1弾では今も根強い人気の「0系新幹線」最後の雄姿をお届け!

@Press / 2012年11月27日 12時0分

「ザ・ラストランvol.1 0系新幹線(1)」
NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井上 淳也)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」において、株式会社ピーエスジー(所在地:東京都新宿区、代表取締役:小林 実)が、惜しまれつつ引退していった鉄道の名車たちの映像を配信するショップ「ザ・ラストラン」を、2012年11月27日(火)正午にオープンいたしました。

「ザ・ラストラン」はこちら
http://fanplus.jp/_thelastrun_/


■「ザ・ラストラン」の紹介
鉄道史にその名を刻み、惜しまれつつ引退していった名車たちの二度と見ることが出来ない雄姿を、映像でご紹介するショップが「ザ・ラストラン」です。
「ザ・ラストラン」では、プロビデオカメラマンたちによる良質な映像を、走行シーンを中心にコンテンツ化。通常運行での走行や車両の歴史はもちろん、運行最終日の模様も収録しています。
配信コンテンツは、PC、Androidスマートフォン・タブレット、iPhone、iPadなどマルチデバイスで視聴できるので、いつでもどこでも名車たちの姿を観ることができます。(PC以外のデバイスには動画ダウンロード可能。)


■第1弾配信コンテンツの紹介
1964年、東海道新幹線の開業からその歴史が始まった0系新幹線。世界初の時速210キロによる営業運転を開始し、“夢の超特急”と呼ばれ戦後の経済発展を牽引してきました。
第1弾配信コンテンツは0系新幹線を取り上げ、貴重な開業当時の映像と東海道区間の走行シーン、0系最後の年となった2008年の新大阪~博多間の走行シーン、そしてラストランとなった12月14日の博多駅到着の模様を全3作品でご紹介します。
44年に及ぶ歴史の幕を閉じた0系新幹線の、二度と見ることができない雄姿をお手元に―。

「ザ・ラストランvol.1 0系新幹線(1)」
価格(税込):315円
商品の説明:映像では0系新幹線の歴史を振り返るとともに、最後を迎えた2008年の新大阪駅~博多駅間の走行シーンのうち新大阪~相生駅間を紹介。

「ザ・ラストランvol.2 0系新幹線(2)」
価格(税込):315円
商品の説明:映像では最後を迎えた2008年の新大阪駅~博多駅間の走行シーンのうち相生駅~福山駅間を紹介。

「ザ・ラストランvol.3 0系新幹線(3)」
価格(税込):315円
商品の説明:映像ではラストラン当日を含む新大阪駅~博多駅間の走行シーンのうち福山駅~博多駅間、そしてラストラン当日の博多駅到着の模様を紹介。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング