日本テレネット、帳票FAX送信の新ASP型サービス「AUTO帳票Direct」をリリース

@Press / 2012年12月4日 9時30分

サービスイメージ図
FAXマーケティングサービスを手掛ける、日本テレネット株式会社(代表取締役社長:戸田 隆、本社:京都府京都市)は、企業間取引に欠かせない受発注や購買、物流といった業務に関わる発注書や納品書、支払通知書等の帳票のFAX送信業務を効率化し、コスト削減を実現するASP型FAX自動帳票送信サービス「AUTO帳票Direct」を2012年12月3日より販売開始いたしました。


【本サービスの概要】
FAX自動帳票送信サービス「AUTO帳票Direct」とは、お客様の販売管理や生産管理などの基幹系システムから出力された注文書や請求書といった伝票ファイル(PDF・MS Office形式等)を電子メールに添付、送信することで、添付されたファイルを指定のFAX番号へ自動で配信するASP型の自動帳票送信サービスです。

▼「AUTO帳票Direct」Webサイト
http://fax-lnet.jp/auto3/auto.php

▼サービスイメージ図
http://www.atpress.ne.jp/releases/31839/1_1.png


【本サービス開発の背景】
当社顧客の中堅中小企業約1万社における調査では、あらゆる業務における「受発注・物流・支払等の帳票処理におけるコスト負担」が大きな課題となっていることがわかりました。
そこで、これまでの帳票作成からFAX送信までを手掛ける「AUTO帳票」サービス(*1)を進化させ、お客様の基幹系システムと連携させることで、お客様にとってのFAX送信や運用業務の負担を軽減し、さらにスムーズな管理運用を可能とする「AUTO帳票Direct」を開発いたしました。

*1:「AUTO帳票」サービスとは
お客様の基幹系システムから出力されるテキストデータを当社にて帳票フォーマットにイメージ変換して、指定宛先へFAX送信するサービスです。


【特長】
帳票関連業務の様々なニーズを解決できる、以下のような環境をご提供いたします。

1.基幹系システムから各種帳票データのFAX自動送信を実現
帳票データをメールに添付することで、指定宛先へFAX送信が可能です。
添付データのファイル形式は、お客様のシステム環境における帳票データに幅広く対応しております。
*ファイル形式:PDF、Excel、Word、PowerPoint、TEXT、TIFF

2.帳票配信を一元管理
お客様専用の管理画面により送信履歴や配信結果の管理・閲覧だけでなく、送信時間指定、再送信指示、結果通知メールの配信といったFAX業務に関わる一連の管理業務を集約できます。
また、お客様の利用環境に応じた設定が可能です。

3.FAX送信設備の維持・運用負担の軽減
従来、帳票をFAX送信する際にはFAXサーバと専用回線環境が必要でしたが、ASP型のサービスに置き換えることで、お客様のシステム投資・維持コストが削減でき、システム管理者の負荷軽減にも繋がります。

4.帳票業務に関わるコストの削減
システム関連費用に留まらず、請求書等の帳票における郵送手配業務(封入・封緘・投函)の人件費や紙代・印刷トナー代といった帳票関連業務全般での総コスト削減が期待されます。



【今後の展開】
今後は、Web APIを公開予定であり、基幹系システムを扱うシステム会社様の業務アプリケーションとの連携を強化・拡大し、サービス導入期間の短縮や利用環境の向上を行ってまいります。


【お問い合わせ方法】
上記、「AUTO帳票Direct」Webサイトよりお問い合わせください。



【日本テレネット株式会社について】
社名    :日本テレネット株式会社(電気通信事業者)
本社所在地 :〒604-8171 京都市中京区烏丸通御池下る 井門明治安田生命ビル8F
代表者   :代表取締役社長 戸田 隆
設立    :1985年11月19日
資本金   :4億2,000万円
Tel     :075-211-3441
Fax     :075-221-1666
主な事業内容:ファックス・マーケティング・サービス
       アウトソーシング・サービス
       コンテンツ・サービス
URL     : http://www.nippon-tele.net/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング