「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の提供開始について

@Press / 2012年12月3日 11時30分

「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の利用イメージ
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、オープンソースのPaaS(*1)基盤ソフトウェア「Cloud Foundry(*2)」を採用した「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」を、2012年12月3日より企業のお客さまを対象に提供開始します。本サービスは、お客さまがアプリケーションを開発・運用する環境を、ネットワーク、OS、データベースなどのミドルウェアを用意することなく、必要に応じて利用することができるサービスです。個人のお客さま向けを含む本格提供は、2013年3月末に開始する予定です。なお、株式会社NTTデータイントラマートにて、本サービスをすでに導入いただいております。


1.サービスの特長
(1) 手間いらずのアプリケーション開発・運用環境
 ネットワークやOS、データベースなどのミドルウェアをクラウドサービスとして提供します。それらの設定の自動化や、ログ管理機能によって、お客さまは、手間をかけずに柔軟にアプリケーション開発・運用環境を利用することができます。

(2) コストを最適化する従量制の料金体系
 アプリケーション開発・運用環境を構築するための初期投資が不要です。また、運用開始後に、スケールアウト(*3)、スケールアップ(*4)が簡単にできるため、サービスの開始時にサイジング(*5)が必要ありません。そのため、スモールスタートでサービスを開始でき、コスト削減が可能です。

(3) Cloud Foundryの採用
 オープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry(*2)」を採用。他のPaaSとの互換性が高く、ベンダーロックインを心配することなくサービスの開発・提供が可能です。

(4) Biz ホスティング Cloud(n)各種サービスとの連携
 「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」は、「BizホスティングCloud(n)」で提供している仮想サーバーやObject Storage、また今後提供予定のRelational Databaseなどの各種サービスと同一のデータセンター内で提供されるか、NTT Comの高速ネットワークで接続されており、快適に利用可能です。

<「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の利用イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/31911/1_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング