扶桑ゴム産業、BtoB向けゴム・スポンジ素材通販サイトをリニューアル ~BtoB向け機能を充実し、BtoC向けにも学んで購入できるよう強化~

@Press / 2012年12月3日 12時0分

ゴム通トップページ画面
工業用ゴム製品の加工事業を行う、株式会社扶桑ゴム産業(本社:広島県広島市南区、取締役社長:田村 雅春)は、この度BtoB向けゴム・スポンジ通販サイト「ゴム通」(ごむつう、URL: http://gomu.jp/ )を全面リニューアルし、12月1日に公開しました。


■リニューアルの背景
現在、リーマンショックや金融危機により製造業は不安定な状況が続いています。その中で「ゴム通」は、業界最大級の1,500アイテムの豊富な品揃えと分かり易さで、企業の設計開発、学校関係、個人ユーザーから好評を頂いています。2008年から3年連続売り上げが前年比140%を超える状況が続いており、2012年も昨年比120%を超える売り上げを既に達成し成長し続けています。このような中でさらなる顧客ニーズに応えるため、この度リニューアルする運びとなりました。


■リニューアルによる強化機能
(1)ゴム板の自由な切り売り販売の開始
これまでゴム通では比較的自由に加工できる「eカット」システム( http://gomu.jp/eCut/ )を展開してきましたが、更に多くの素材に対応させるため、カッティングに特化した「切り売り機能」を追加します。

(2)BtoB向け発送機能の追加
企業から企業宛に簡単に発送できるよう、購入者名義と発送先を複数登録し、検索管理できる機能を搭載することで数多くの発送先・発送元名義を管理できるようにしました。

(3)特集コンテンツの追加
接着剤の選び方、ガレージ周りに最適な商品の提案、制振ゴムの紹介をまずは掲載し、今後提案型コンテンツとして順次追加いたします。

(4)検索機能の強化
用途・目的・業種・材質・メーカーなどの分類を強化し、これまでありそうでなかった寸法に基づく商品検索「ダイレクト検索」機能も追加しました。さらに利用方法や商品名の一部だけ入力すれば商品を提案してくれる「サジェスト機能」を業界に先駆けて搭載しました。


今後、ゴム紐類の切り売り機能、スマートフォン版サイトの追加、会員割引機能、さらなる検索機能の強化、見積もり書自動発行機能などをリリースする予定です。


【ゴム通について】
URL: http://gomu.jp/
2009年10月にオープンした工業用ゴム・スポンジ素材通販サイト。業界最大級の1,500アイテムの豊富な品揃えと分かり易さで、企業の設計開発、学校関係、個人ユーザーから数多くのご注文を頂いています。株式会社扶桑ゴム産業運営。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング