インサイトテクノロジー、大阪・うめきたの「ナレッジキャピタル」に『Insight Qube(R) ショールーム』を2013年春オープン!

@Press / 2012年12月4日 10時30分

「グランフロント大阪」入居イメージ
 株式会社インサイトテクノロジー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小幡 一郎、以下 インサイトテクノロジー)は、JR大阪駅北側で現在開発中のうめきた・グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」(運営:株式会社KMO、本社:大阪市北区、代表取締役社長:間渕 豊)に、情報システム基盤として重要な位置づけであるデータベースについて、持参したデータを使って多種多様なデータベースマシンを体験できる「Insight Qube(R)」のショールームを新規オープンします。
 ナレッジキャピタルは、ビジネスパーソン、研究者、クリエイターなど分野を超えた多様な人々が持ち寄る「感性」と「技術」の融合により「新たな価値」の創出を目指す複合施設であり、2013年4月下旬に開業を予定しています。


 ビッグデータ、DWH(データウェアハウス)がもてはやされ、「情報資産」が時代を担う中、自社のデータを活用する方法が見えているにもかかわらず、膨大なデータ量とその処理時間、そのための高価なマシン購入など、様々な理由からデータ活用を諦めている企業が多く存在します。インサイトテクノロジーは、これらの課題に対し業務や規模に見合ったデータベースの提案、そのデータベースに最適なマシンを提供するため、「世界を幸せにするデータベース」をコンセプトとする「Insight Qube(R)」の研究開発に2010年春から着手、2012年3月にリリースしました。

 「Insight Qube(R)」は、オープンハードウェアの思想を持ち、最先端技術がいち早く取り入れられるコモディティパーツだけを使用しています。データベースにとって最も重要なI/O性能と低消費電力に優れた『SSD』、低レイテンシを実現するインターフェースとして『Infiniband』、『PCI Express』、『大容量メモリ』、更にインサイトテクノロジーが培ってきたデータベースのナレッジを組み合わることにより、世界最高速に匹敵する処理スピードを実現しています。また、「Insight Qube(R)」は全てのデータベースに対応していますので、業務内容や規模に見合ったデータベースの使い方、そのデータベースに最適なマシン構成でのご提供が可能です。また、データの移行から永久蓄積、データの展開、分析時間の短縮などデータベースを核に考案したソリューションもご提案いたします。

@Press

トピックスRSS

ランキング