1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

インフォコム、医療機関向けITシステムの新たな領域での事業展開を開始

@Press / 2012年12月6日 17時0分

システムの構成イメージ
 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下 インフォコム)は、医療機関の手術部門における医療スタッフの業務品質の向上、効率化をサポートする情報管理システムの提供領域拡充を進めています。
 今回、その第一弾として新たな領域である、手術スケジュールや実施情報、術中記録などの手術部門管理を総合的に行うことができる手術部門向けのITシステム開発と並行して、手術部門向けシステムとセットで提供可能な手術映像の録画や管理を高い品質で行うシステムの販売を開始致します。


【新たな領域(手術部門向けシステム)での展開の背景】
 現在、医療機関では、電子カルテの導入をはじめとしたITシステムの活用による業務品質の向上や効率化が進んでおりますが、まだまだ電子化が進んでいない部門もあり、そのような部門においてもITシステムの導入による品質や効率の向上に取り組む意識が高まっております。

 インフォコムのシステムをご利用いただいている医療機関様からも多くのご要望をいただいていることから、インフォコムでは、新たな領域として、医療機関において特に重要な機能の一つである手術部門向けのITシステム開発と取扱い製品のラインナップの充実を進めており、今回、以下のシステムの提供を開始することと致しました。
※カッコ内の年月は提供開始時期。

■手術映像記録・共有システム(SRS)(2012年12月)
■手術部門管理システム(2013年1月)
■術中記録システム(2013年3月)


【手術映像記録・共有システム(SRS)について】
 今回、株式会社Medi Plus(東京都品川区 代表取締役 高橋 健治、以下 Medi Plus社)と販売代理店契約を締結し、Medi Plus社が提供する手術映像記録・共有システム(SRS)の販売を開始することと致しました。
 簡単な操作で録画を行うことができるMedi Plus社のシステムは、手術に集中しなければならない医療スタッフの負担を軽減し、術後の記録管理や活用を効果的に行うことができます。

▼システムの特長
・簡単な操作と充実した機能
 →手術中でも簡単に行える録画操作、録画後の編集機能の充実
・高品質な映像管理
 →管理機能の一元化、便利な検索/閲覧機能、
  レポート/論文作成における映像の二次利用のし易さ

▼主な機能
・画像管理機能
 →ライブ映像の録画制御、映像データの自動圧縮、
  多様なエンコード形式への対応、サーバ転送、アーカイブ機能
・Webブラウザでの画像視聴
 →専用端末ではなく、必要な時/場所で視聴することが可能、
  ライブストリーミングの利用も可能


【手術部門管理システムについて】
 手術部門の運営に必要不可欠な、患者情報/手術スケジュールの管理から実施情報、使用する薬剤や機材の使用管理、日誌/統計情報の作成などを一元的に管理することができます。
 術中記録システム/手術映像記録・共有システム(SRS)と連携させて、管理品質や業務品質の向上、業務の効率化を図ることが可能です。また、電子カルテや医事会計システム、その他院内の管理システムと連携をさせることで、院内業務全体の品質向上、効率化を進めることも可能となります。


【術中記録システムについて】
 手術部門で実際に使用されている生体情報モニタ、麻酔器、内視鏡や呼吸器などの機材についてはデジタル化が進んでいますが、それらの情報を統合して記録するシステムの導入は医療機関全体を見ても未だ途上の状況です。各機材からの測定データなどを統合管理することで、手術そのものに集中することが可能になります。また、手術映像記録・共有システム(SRS)と併せて使用することで、より効果的な術中/術後管理を行うことができます。


【今後の目標と展開】
 手術映像記録・共有システム(SRS)は、本年12月から取扱いを開始しました。手術部門管理システムと術中記録システムはそれぞれ2013年1月、2013年3月から販売を開始します。国内には手術部門を持つ医療機関がおおよそ2,500あります。このような機関を対象に導入を促進し、各システムの単独導入およびセット導入を合わせて、2013年度に30医療機関、3年間で100医療機関への納入を目標として販売を進めます。


【ご参考】手術部門向けシステムの構成イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/32029/1_1.jpg


【インフォコムグループのヘルスケア事業について】
 インフォコムグループは、2013年3月期を初年度とする中期経営計画(2012年2月6日公表)において、医療機関や製薬企業、健康保険組合向けにITサービスを提供するヘルスケア事業を重点事業領域の一つに位置付け、製品機能強化や品質の向上、競争力の強化を進めています。
中期経営計画 : http://www.infocom.co.jp/ir/management/senryaku.html
ヘルスケア事業: http://www.infocom.co.jp/healthcare/

 医療機関向けITサービスでは、医療の質向上を目指し、「薬剤情報管理」、「診療録管理」、「経営支援」、「放射線・医用画像」分野の広範囲な医療情報を有効に活用したソフトウェア製品やソリューション、情報サービス、および、それらを補完するユニークで価値が高いソリューションを提供しており、多くの医療機関の薬剤/診療情報管理/経営管理/放射線などの各部門においてご利用いただいております。


                                 以上


※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。


<製品に関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
ヘルスケア事業本部病院情報システム部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel  : 03-6866-3780
E-mail: med-sales@infocom.co.jp
URL  : http://www.infocom.co.jp/healthcare/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング