インフォコム、医療機関向けITシステムの新たな領域での事業展開を開始

@Press / 2012年12月6日 17時0分

システムの構成イメージ
 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下 インフォコム)は、医療機関の手術部門における医療スタッフの業務品質の向上、効率化をサポートする情報管理システムの提供領域拡充を進めています。
 今回、その第一弾として新たな領域である、手術スケジュールや実施情報、術中記録などの手術部門管理を総合的に行うことができる手術部門向けのITシステム開発と並行して、手術部門向けシステムとセットで提供可能な手術映像の録画や管理を高い品質で行うシステムの販売を開始致します。


【新たな領域(手術部門向けシステム)での展開の背景】
 現在、医療機関では、電子カルテの導入をはじめとしたITシステムの活用による業務品質の向上や効率化が進んでおりますが、まだまだ電子化が進んでいない部門もあり、そのような部門においてもITシステムの導入による品質や効率の向上に取り組む意識が高まっております。

 インフォコムのシステムをご利用いただいている医療機関様からも多くのご要望をいただいていることから、インフォコムでは、新たな領域として、医療機関において特に重要な機能の一つである手術部門向けのITシステム開発と取扱い製品のラインナップの充実を進めており、今回、以下のシステムの提供を開始することと致しました。
※カッコ内の年月は提供開始時期。

■手術映像記録・共有システム(SRS)(2012年12月)
■手術部門管理システム(2013年1月)
■術中記録システム(2013年3月)


【手術映像記録・共有システム(SRS)について】
 今回、株式会社Medi Plus(東京都品川区 代表取締役 高橋 健治、以下 Medi Plus社)と販売代理店契約を締結し、Medi Plus社が提供する手術映像記録・共有システム(SRS)の販売を開始することと致しました。
 簡単な操作で録画を行うことができるMedi Plus社のシステムは、手術に集中しなければならない医療スタッフの負担を軽減し、術後の記録管理や活用を効果的に行うことができます。

▼システムの特長
・簡単な操作と充実した機能
 →手術中でも簡単に行える録画操作、録画後の編集機能の充実
・高品質な映像管理
 →管理機能の一元化、便利な検索/閲覧機能、
  レポート/論文作成における映像の二次利用のし易さ

▼主な機能
・画像管理機能
 →ライブ映像の録画制御、映像データの自動圧縮、
  多様なエンコード形式への対応、サーバ転送、アーカイブ機能
・Webブラウザでの画像視聴
 →専用端末ではなく、必要な時/場所で視聴することが可能、
  ライブストリーミングの利用も可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング