「ドラえもんを作ったのは僕」!?第13回 ドラえもん大賞全国作文コンクール 受賞者決定!

@Press / 2012年12月11日 11時30分

ドラえもん大賞作品ページ1
株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀 昌宏)と、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、両社が運営する小学館の通信添削学習「ドラゼミ」主催『第13回 ドラえもん大賞全国作文コンクール』の受賞者を12月3日、同コンクールの応募サイト及び小学館の各学習雑誌1月号、「教育技術」誌1月号、並びにedu2月号誌上で発表いたしました。
ドラゼミでは、作文学習はお子さんの発想を豊かにし、語彙を増やしていくのにも最適な取り組みと考えております。子どもたちが作文を書くきっかけづくりにと始めたこのコンクールも、今年で13回を数えます。今年も全国から6,600作品もの応募が集まり、ユニークな作文が顔をそろえました。


<受賞者発表ページURL>
http://family.shogakukan.co.jp/special/dora/2012sakubun/


≪内村選手からもらった目標。大賞は“未来の金メダリスト”≫
今年の作文テーマは、ドラえもんの生誕100年前ということもあり「未来のぼく、わたし」がテーマになっております。将来の自分を思い浮かべながら書いたであろう子どもたちの微笑ましい作文が届きました。
今年開催されたロンドンオリンピックの影響も応募作品に表れています。
今年の大賞作品は及部 倫太郎君(小学一年生)の「金メダルをとったぼく」。ロンドン五輪での内村選手の演技を見て、体操を始めたといいます。4年後、8年後、16年後のオリンピック出場に対する細かな描写が金メダルに向けた決意を感じさせました。
他にも「小学五年生大賞」に輝いた前野 友理さんの「自分で自分の限界を決めたくない」も水泳選手として五輪を目指す熱い思いが綴られており、メダリストが子どもたちの未来への大きな希望になっていることがわかります。


≪自分の将来を描いた渾身の作品ばかり。中にはドラえもんの開発者も…!?≫
特にユニークな作品として印象的だったものは「小学二年生大賞」に輝いた、伊藤 心くんの「ドラえもん誕生~ぼくの夢」です。100年後に自分がドラえもんを作り出す未来を描いた作文でした。話すことで充電できる「エコモバイルフォン」など、実際の使用シーンが想像できるような具体的なひみつ道具の紹介も入っており、ドラえもんを作ることに対する夢と決意が溢れる作品となっています。


【コンクール概要】
主催   :株式会社小学館、小学館の通信添削学習 ドラゼミ
協賛   :財団法人 日本児童教育振興財団
協力   :株式会社藤子・F・不二雄プロ、株式会社エポック社、
      ショウワノート株式会社
後援   :毎日小学生新聞

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング