PHP開発環境下でのバーコード作成ツール「Barcode.php」、バージョンアップ~ 黒バーは“複数の細線で構成”から“塗りつぶし”へ バーコードの読み取り精度アップ~

@Press / 2012年12月12日 9時30分

バーコードPDF出力例
有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠、以下 Pao@Office)は、PHP開発環境下でのバーコード作成ツール「Barcode.php」をバージョンアップし、「Barcode.php ver 1.2」(税込12,600円)を2012年12月10日にリリースしました。


【Ver 1.2へのバージョンアップについて - バーコード精度アップ -】
バージョンアップ前までの「Barcode.php」では、複数の細線で太い線(黒バー)を構成しておりました。その結果、プリンタにより太い線(黒バー)が薄かったり、黒バーの間に白い細いラインが入ることがありました。

今回のバージョンアップで、太い線(黒バー)は複数の細線で構成するのではなく塗りつぶすように変更しました。これにより、バーコードの読み取り精度が格段にアップし、描画速度も速くなりました。

今回のバージョンアップでは、その他、いくつかの不具合を改修しております。


◆製品の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.pao.ac/barcode.php/

◆サンプルプログラム
「Barcode.php」を利用したバーコードのPDF出力・ブラウザ出力のPHPサンプルページ
http://www.pao.ac/~barcode.php/sample/index.php

◆試用版
サンプルプログラムと「Barcode.php」を、VMWare PlayerイメージのOS(Linux)に内包して用意しています。
ただし、「Barcode.php」のソースコードは暗号化されています。製品版を購入すると、暗号化されていないソースコードが送付される仕組みになっています。
試用版は、以下のLinuxディストリビューション・バージョンがダウンロード可能です。
・Ubuntu 11.04 (Desktop)
・CentOS 5.5
・Fedora 14 (English)
・Debian 6
http://www.pao.ac/barcode.php/#download


【「Barcode.php」について】
Pao@Officeは、2002年10月より.NET用バーコード作成ライブラリ、2006年7月よりJava用バーコード作成ライブラリ、2010年11月よりExcel等Microsoft Office製品向けバーコードコントロールを販売しており、開発者向けバーコードツールにおいて開発・販売の実績を持ちます。

@Press

トピックスRSS

ランキング