1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

静岡抹茶スイーツファクトリー『ななや』 〈農林水産大臣賞初受賞 記念〉超リッチなプレミアム抹茶ジェラート発売

@Press / 2012年12月12日 11時30分

ジェラートNO.1
静岡抹茶を使用した菓子・製造を行う「ななや」を運営する丸七製茶株式会社(所在地:静岡県藤枝市、代表取締役:鈴木 成彦)は、藤枝産碾茶(抹茶原料)が農林水産大臣賞を静岡県で初受賞したことを記念し、受賞した茶園の茶葉を使用した濃厚なプレミアム抹茶ジェラートを12月15日よりネット販売限定で発売開始します。


■最高級グレードの抹茶を使用したまさにスーパーリッチ抹茶ジェラート
抹茶の濃さをNO.1~NO.7まで7段階で楽しめる今までにない品揃えで人気を頂いている抹茶ジェラートシリーズに農林水産大臣賞を受賞した静岡県朝比奈産抹茶を使用したスーパープレミアム版を発売します。

世界で一番濃い抹茶ジェラートとして最高品質の抹茶で“ありえないほど濃い抹茶ジェラート”を商品開発し、その最高水準の抹茶の風味をクリスマスや年末年始の限定販売にてお届けします。

また、商品化にあたっては社内のジェラートマイスター、ソムリエ、日本茶鑑定士によりお茶の持つ風味を最大限に生かす製法で製造しています。


■農林水産大臣賞を受賞
去る9月11日に開催された2012年第51回静岡県茶品評会入札会において静岡県藤枝市岡部町朝比奈産の碾茶(てんちゃ:抹茶にすることを目的とし、一般的なお茶が蒸して揉みながら乾燥させて作る方法とは異なり、蒸して揉まずに専用の巨大なレンガ造りの焙煎炉によって炙って作る茶葉のこと)は、最も高品質であることを認められ、静岡県初の農林水産大臣賞を受賞し最高価格で落札されました。

これを記念し、農林水産大臣賞を受賞した朝比奈産碾茶を使用した抹茶を原料とし、最も濃いNO.7の抹茶ジェラートを商品化しました。なお、同朝比奈産抹茶は数量限定にて新年より20g缶入り(桐箱入り)にて3,150円(消費税込み)で発売予定です。


■お取り寄せについて
この“農林水産大臣賞”を受賞し、最高品質が認められた朝比奈産抹茶を使用した藤枝産静岡抹茶ジェラートプレミアムNO.3と“世界で一番濃い”プレミアムNO.7を含め、定番の抹茶ジェラートNO.1、NO.5、さらにお茶を使ったジェラートのほうじ茶、玄米茶、和紅茶(国産紅茶)、プレーンミルクを加えた8種×各2個入り(各120ml)の16個セットをネット限定商品として発売致します。

保冷パッケージとクール便(-17℃)の送料込みで全国一律(沖縄、離島を除く)6,800円(消費税込み)にてお届け致します。
お取り寄せのURL: http://nanaya-matcha.com/


■抹茶ジェラートのご紹介 URL: http://nanaya-matcha.com/
毎年、日本中の茶農家から厳選した原料茶葉 約1万種類を集荷し、選別、火入れ焙煎を行い完成品の仕上茶を作っています。それらをさらに様々なブレンド技術により地域ごとの嗜好や食生活の志向に合わせたお茶作りを行ってきました。このお茶作りの長年の経験からお茶の香味を活かしたジェラートや各種スイーツ作りを行っています。


■藤枝産静岡抹茶
日本一のお茶産地静岡で当社が初めて抹茶作り始め四半世紀が経ち、伝統製法に加え最新技術を活用した新しい抹茶作りを進めています。2010年7月7日に"抹茶スイーツファクトリー『ななや』をオープンさせお茶屋が作る自家製スイーツの販売を行い、自らスイーツを作ること初めて分かる経験を生かし、お茶の風味を土づくりから栽培技術、製造工程も見直し、地元の名産品であるお茶を飲むだけでなく食べるための美味しいお茶作りを進めています。


■今後について
健康寿命日本一である静岡県(※2012年厚生労働省発表)の豊かな食材を生かし、それらの食材とお茶とのコラボレーションによる商品化を行い、地域産業の発展とお客様の健康に貢献して参ります。
現在、わさび、いちごなどを検討中、また、名産品である安倍川もちの新しい切り口での商品化を進めています。


■会社概要
会社名 : 丸七製茶株式会社
所在地 : 静岡県藤枝市上青島1870
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 成彦
事業内容: 日本茶・茶類の製造・販売、
      茶類を使用したスイーツの製造・販売
URL   : http://marushichi-group.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

ジェラートNO.7 お取り寄せイメージ 店頭販売イメージ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング