【新刊】『妻の病気の9割は夫がつくる』~医師が教える「夫源病」の治し方~

@Press / 2012年12月14日 18時0分

『妻の病気の9割は』表紙
 株式会社マキノ出版はこの度、新刊『妻の病気の9割は夫がつくる 医師が教える「夫源病」の治し方』が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。


 著者は大阪市内の病院で「男性更年期外来」を開設して以来、600人以上の中高年男性を診察してきました。そして夫婦同伴で治療を行う中、患者さん本人だけでなく、その妻も同じように、深刻な体調不良に苦しむケースが非常に多いことに気づきました。その症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、胃痛、不眠、気分の落ち込みなど、これまで「更年期障害」とされてきたものばかり。しかし、夫と同時に妻の不平・不満を聞き、カウンセリングを行ったところ、多くの女性の体調不良が簡単に治ったのです。
 こうして著者は、“中高年女性のさまざまな体調不良の原因は、実は夫にある――”という結論に達し、これを「夫源病(ふげんびょう)」と名づけました。
 本書では、1,217人の女性へのアンケートで、生活習慣・お金・家事・子育てといったシーンごとに、具体的な夫源病の実例とアドバイスをまとめました。本書は、夫婦双方が現状の問題点に気づき、お互いに本音を言い合える夫婦関係を築く手助けとなるはずです。中高年だけでなく、全世代の夫婦必読の一冊です!


【あなたの夫にこんな言動はありませんか?】
・「誰に食わせてもらってるんだ」が口癖
・高熱で寝込む私に「飯は?」と詰め寄る
・子どもの悪い部分はすべて「おまえのせい」
・今日あった出来事を話しても上の空
・自分は夜遊びするのに私には許さない
・姑が言いたい放題でも見て見ぬふり
・定年退職したとたん四六時中まとわりつく


【書籍概要】
書名 :『妻の病気の9割は夫がつくる 医師が教える「夫源病」の治し方』
著者 :石蔵 文信(大阪大学大学院 医学系研究科 准教授)
判型 :四六判、176ページ、(カバー付き)
定価 :1,365円(税込)
発行日:2012年12月15日
発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)


【著者略歴】
石蔵 文信(いしくら・ふみのぶ)
 大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 准教授。循環器科専門医。1955年生まれ。三重大学医学部卒業後、国立循環器病研究センター、大阪警察病院などを経て、米国メイヨークリニックに留学、現在に至る。2001年より大阪市内で、全国でも珍しい「男性更年期外来」を担当し、テレビ出演や講演会、新聞・雑誌への執筆など、わかりやすいユニークな解説で幅広く活動している。おもな著書に『夫源病』(大阪大学出版会)、『男もつらいよ!男性更年期』(ソシム)、『「男のうつ」治らなくても働ける!』(日本経済新聞出版社)などがある。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング