消費者が持っているレシートがポイントに ソフトブレーン・フィールドとクレディセゾン共同事業開始

@Press / 2012年12月17日 10時0分

購買理由データ提供事業の全体図
 ソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬 博)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野 宏、以下「クレディセゾン」)と2012年12月9日をもって業務提携契約、共同事業契約を締結し、消費財メーカーを対象とした新たなマーケティング支援サービスを2013年2月より展開することを発表いたします。

 近年、日本の消費財小売市場では、少子高齢化の進展により消費需要が縮小しており、消費財メーカーは、店頭における自社ブランドの購入機会を最大化させるべく、消費者視点のマーケティングに注力するようになっています。
そのような中、従来の“顧客”という捉え方を、“ショッパー”(商品を店頭にて購入する購入者)と、“コンシューマー”(その商品を使用する消費者)とに分けて調査するマーケティング手法が必要となってきました。

 “コンシューマー”(消費者)を理解する手法としては、顧客アンケート調査、フォーカスインタビューなどの調査手法がありますが、“ショッパー”(購入者)を理解する手法については、まだ確立された手法が無い状態です。

 この度、当社は、購入時に受け取るレシートに着目し、レシートを持っている“ショッパー”から直接、購買理由を収集する新サービスを開始することで、消費財メーカーに対し、商品の購入機会を最大化させる重要な指標を提供できるものと考えています。
 なおこのサービスは、800万人のネット会員を有するクレディセゾンとの提携により、日常的に買物をし、且つ本人認証度の高い“ショッパー”の声を収集する事が可能となり、また“ショッパー”は、会員登録を前提に購買理由をレポートすることで、ポイントサイト「永久不滅.com」にてポイントを貯めることができます。

 今回のサービスでは、収集したショッパーインサイト*2 情報をメーカー各社に定量的にタイムリーに提供し、これによりメーカー各社は、消費者動向に合わせたブランド戦略・販促計画をより精度高く立案できるようになります。

*1:ソフトブレーン・フィールド社調べ
*2:購入者の店頭での行動と心理の深い理解


【事業概要】
■事業名:
 購買理由データ提供事業

■クレディセゾン「永久不滅.com」サイト上のサービス名:
 『レシートで貯める』

■購買理由収集対象者:
 800万人のクレディセゾンのネット会員の内、当サービス登録会員

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング