アジアにおける法務体制構築に苦慮する企業法務の調査結果を発表

@Press / 2012年12月17日 10時30分

このたび、レクシスネクシス・ジャパン株式会社(所在地:東京都世田谷区、マネージング ディレクター・ノースアジア:クリス・マッカルム、 URL: http://www.lexisnexis.jp/ja-jp/Home.page )では第1回法務調査を実施致しました。
当調査は、現在の経済状況下で企業の抱える法務課題を浮き彫りにし、企業競争力を高めるために法務部門、コンプライアンス部門、内部統制部門などのリスクマネジメント機能を担う部門が、どのような対応をとっていくかについての議論の端緒とすることを目指しています。

実施主体:レクシスネクシス・ジャパン株式会社
調査期間:2012年8月
回答数 :78社(売上200億円以上の上場企業、1,000億円以上の非上場企業より抽出)


[企業の抱える法務課題の第1位に海外での契約、法令対応]

企業法務の抱える直近での課題には、海外における契約・法令対応が1位となり、会社法関連、独禁法・下請法関連が続く結果となりました。
長引く円高や国内の需要低迷により海外に進出する日本企業がさらに増え、China+1といった中国以外に生産拠点や販売拠点を進出する国が増える中で海外における契約や訴訟、法令対応が昨今の喫緊課題であることが浮き彫りとなりました。
また課徴金が100億円を超える案件も発生する中で独禁法違反が依然として重要な法務課題であることが確認されました。特に大企業に絞ると海外案件を上回り第1位の課題となりました。

 ◆リーガルマネジメントのうち直近半年程度で重要性や問題が増している領域はどこですか?重要度の高い上位5つにあたる項目を1位から順に挙げてください。

 <1位集計(1位と挙げた回答人数)>
 海外企業との取引における契約、海外取引先の国の法令改正や判例 15%
 企業統治・取締役会・株主総会など会社法関連          14%
 パートナー企業に対する独禁法・下請法違反           13%
 M&A関連                           10%
 情報漏洩(個人情報、営業秘密など)                9%
 社内の法務知識の不足                      6%
 消費者クレーム対応、品質・リコール対応             6%
 所属業界の業法や業界の自主規制                 5%
 メンタルヘルス・パワハラ・非正規社員雇用など労務関連      5%
 反社会勢力の排除                        4%
 工場などにおける環境法対応                   4%
 その他                             3%
 商品販売における景表法・特商法違反               3%
 法務コスト削減                         1%
 案件ごとに最適な弁護士の選定                  1%
 特許出願や商標登録、模造品・海賊品対策等の知財管理       0%

@Press

トピックスRSS

ランキング