ライフステージや介護経験で変化する介護の不安 クチコミプラットフォーム「buzzLife」アンケートレポート

@Press / 2012年12月13日 13時0分

グラフ1
インタラクティブ・マーケティングをワンストップで手がける株式会社イーライフ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:藤原 誠一郎)は、同社が運営するクチコミプラットフォーム「buzzLife」(バズライフ、 http://www.buzzlife.jp/ )の会員約18万5千人に対して、介護に関するアンケート調査を行いました。

「buzzLife会員」は、商品の新しい価値を発見する「創造的消費」を行い周囲と積極的に交わる、いわゆるアクティブ・コンシューマーの要素が強く、無報酬の活動にも関わらずbuzzLifeの諸活動に積極参加し自分の意見を発信する特徴があります。今回は「介護の不安」をテーマにアンケートを実施したところ、実に約11,361名の会員から自由記述を伴う回答が寄せられました。

※この「buzzLife」アンケート結果は、「buzzLife」ホームページ内でも公開しています。
URL: http://www.buzzlife.jp/survey/2012/121201/


■介護の従事状況――50代では5人に1人が介護に従事
まず、現在介護に携わっているかどうかについて尋ねました。全体では、何らかの形で介護に従事している人は全体の15%弱。内訳は家族・身内が9%、次いで仕事4%弱、両方が1%となっています。
また、年代別では40代以降に介護従事者が増加、50代では5人に1人以上が家族または仕事で介護に従事しています。
・あなたは現在、介護に従事されていますか? N=11,361

【グラフ1】 http://www.atpress.ne.jp/releases/32244/1_1.png


■介護の不安――精神・経済・時間の不安がライフステージや介護従事で変化
【全体】介護者自身の精神・経済・時間が三大不安
そして介護について不安に思うことを複数回答と自由記述回答で答えてもらいました。
全体では、「精神的負担や疲れ」「経済的負担」「身体的負担や疲れ」がトップ3で、いずれも6割超となっています。次いで「時間的拘束」が5割弱、「仕事との両立」が4割弱。「介護者自身の精神・経済・時間」が三大不安であり、その不安の強弱が後述のライフステージや介護の従事経験で変わってきます。

・あなたが介護において不安に感じる事はありますか。当てはまるものすべてお選びください。 N=11,361

【グラフ2】 http://www.atpress.ne.jp/releases/32244/2_2.png

@Press

トピックスRSS

ランキング