クラウドワークスとアクセルビート、業務提携を行い海外向けクラウドソーシング事業に参入

@Press / 2012年12月13日 15時0分

提携のイメージ
 株式会社クラウドワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 浩一郎、以下「クラウドワークス」)と、アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:尾下 順治、証券コード:3624、以下「アクセルマーク」)の子会社であるアクセルビート株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:川野 尚吾、以下「アクセルビート」)は業務提携し、海外市場向けのクラウドソーシング事業に参入することを発表致します。


 今回の業務提携を機に、当初の取り組みとして成長著しいベトナム・フィリピン市場へのクラウドソーシング事業拡大を始めると共に、今後は東南アジア、さらなる海外地域におけるクラウドワークスの認知度向上、マーケティング、およびサービス拡大に向けて積極的に取り組んで参ります。


1.業務提携の概要
●ベトナムおよびフィリピンにおけるオフショア型クラウドソーシングを開始

 クラウドワークスは、「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションに、エンジニア・デザイナーのクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』( http://crowdworks.jp/ )のクローズドβ版サービスを2012年3月21日に開始致しました。開始後約8ヶ月で、登録されたお仕事の予算総額は7.7億円を突破しており、上場企業を始めとして2,700社以上にご利用頂いております。

 アクセルビートは、アクセルマークグループの中で海外向け広告事業等の海外展開を担う戦略子会社です。海外市場の開拓に積極的に着手しており、特に東南アジア諸国においてベンチャー企業から通信キャリアなどの大手企業まで多数のパートナー企業とネットワークを構築しております。

 この度クラウドワークスでは、ベトナムやフィリピンにおいて事業を展開するアクセルビートと業務提携することにより、アクセルビートのネットワークを活かし、海外オフショア制作会社への業務委託を実施し、クラウドワークスで依頼された仕事を、ベトナムとフィリピンの制作会社が請け負う取り組みを開始致します。
 クラウドワークスとしては、登録されている仕事を海外企業へ業務委託するのは初めての試みであり、今後これらの取り組みをさらに拡大し、海外企業への裾野を広げていきたいと考えております。

提携のイメージ図
http://www.atpress.ne.jp/releases/32245/1_1.png

@Press

トピックスRSS

ランキング