「BIGLOBE Webホスティング」において、自治体向けクラウドCMSを提供開始~JIS規格に準拠したWebサイトを短期間で構築可能~

@Press / 2012年12月19日 14時15分

サービス構成イメージ
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2012/12/121219-1


 BIGLOBEは、Webサイトの運営に必要な機能を完備したクラウドCMS「BIGLOBE Webホスティング Pattern Style CMS」において、JIS X 8341-3:2010(以下、JIS規格)の等級AAに準拠したサイトを誰でも容易に構築・運営できる自治体専用のCMSサービスを本日より提供開始いたします。
( http://business.biglobe.ne.jp/webintegration/cms/jichitai.html )


 自治体サイトは、住民に必要な情報をナビゲーションやアクセシビリティに配慮し分かりやすく提供することや、情報の更新スピードが求められています。 また、マーケティングなどを重視する企業サイトと異なり、自治体サイトは高齢者や障害者、外国人などさまざまな地域住民の利用を想定し、総務省が策定したウェブアクセシビリティ方針(JIS規格準拠)にも対応したデザインや操作性が求められています。

 「BIGLOBE Webホスティング Pattern Style CMS」の自治体版は、自治体サイトに最適化されたJIS対応済のテンプレート集と、多機能で実績豊富なCMSソフト、拡張性・信頼性の高いクラウドサーバの三つをパッケージにして、導入から運用サポートまで、BIGLOBEがトータルで支援するため、短期間でJIS規格に対応したサイトを構築することが可能です。


本サービスの特長は以下の通りです。

1.自治体サイト(JIS規格準拠)を短期間で構築・運営
 読上げソフトへの対応や配色管理などJIS規格の等級AAに準拠し、自治体サイト向けの複数のデザインパターンで構成されたテンプレート集を標準で用意。これにより、複数のデザインパターンから1つを選択し、コンテンツを登録するだけで、専門知識がなくともユーザビリティやアクセシビリティに優れたサイトを短期間で構築可能。スマートフォンサイトのテンプレートセットもオプションで用意しているため、マルチデバイス対応も容易に実現。

2.開発やカスタマイズ不要なCMSで効率的なサイト運用が可能
 CMSパッケージは、開発やカスタマイズが不要の「WebRelease 2」を採用。承認フローや履歴管理、時限公開や使用禁止用語のチェックなど、高機能CMSがインストールするだけですぐに利用でき、誰でも簡単な操作でサイトの効率的な運用が可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング