第二回「数学川柳&数学俳句&数学短歌」募集開始

@Press / 2012年12月13日 18時0分

数学俳句
財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水静海)では、「数」「算数」「数学」のイメージを詠みこんだ「第二回 数学川柳&数学俳句&数学短歌」の募集を開始しました。受賞作品の発表は2013年3月14日の「数学の日(円周率の近似値3.14にちなみ同協会が設定)」に行います。


【数学川柳&数学俳句&数学短歌 公式ホームページ】
http://www.senryu-haiku.com/



【数学川柳&数学俳句&数学短歌、昨年は約2万の応募数】
財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水静海)は、「数」「算数」「数学」のイメージを詠みこんだ「第二回 数学川柳&数学俳句&数学短歌」の募集を始めました。
「数学」という論理的な学問に「日本の伝統文化」である川柳・俳句・短歌の自由な発想をミックスしようという試みで、前回は応募総数が18,924句、学校・家族など170を超える団体から参加がありました。
昨年の大賞作品は、俳句部門大賞「初雪や 三角定規 ほどの坂/千葉県(男性)」、川柳部門大賞「御破算で 願いましては 次の恋/兵庫県(女性)」です。数学・数字を使いながらも五感に訴えかける作品が多く集まり、選考委員を務めた森村誠一氏(作家)、やすみりえ氏(川柳作家)からも感嘆の声が多く聞こえてきました。
第二回目の開催となる今回は新たに「数学短歌」部門が加わります。第一回の選考委員でもある森村誠一氏、やすみりえ氏、林家久蔵氏(落語家)らに加え、,今回は新たに永田和宏氏(歌人)と永田紅氏(歌人)の親子を迎えます。受賞作品の発表は2013年の3月14日の「数学の日」に「数学川柳&数学俳句&数学短歌」の公式ホームページにて行います。

第一回の受賞作品や、第二回の作品の応募について詳細は「数学川柳&数学俳句&数学短歌」の公式ホームページをご覧ください。作品の応募は公式ホームページまたは、専用の応募用紙をダウンロードして郵送にて行うことができます。


【「数学川柳&数学俳句&数学短歌」コンクール 開催概要】
■募集期間:2013年1月31日まで
■選考委員:
〔選考委員長〕森村誠一(作家)
〔選考委員〕やすみりえ(川柳作家)/永田和宏(歌人)/永田紅(歌人)/林家久蔵(落語家)/向山洋一(TOSS代表)/渡邉秀康(落語ナビゲーター)/三井卓夫(絵師)/吉田立(株式会社NHKエンタープライズ)/清水静海(財団法人日本数学検定協会理事長)
■発表:2012年3月14日
■主催・協力・特別協賛:
〔主催〕財団法人 日本数学検定協会
〔協力〕TOSS
〔特別協賛〕株式会社大塚商会
〔後援〕現代俳句協会、青磁社
■コンクール公式ホームページ: http://www.senryu-haiku.com/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング