1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

名古屋商科大学大学院、「ひらめきをビジネスに変える」創造性を磨くMBAプログラムが誕生

@Press / 2012年12月20日 10時30分

BIPイメージ画像
名古屋商科大学大学院では、2013年4月より新たなプログラム「Business Innovation Program」を東京と名古屋で開講し、業界慣習や既成概念により独創的なアイデアの芽を摘んでしまうような社会ではなく、「いいね」「そしてね」とイノベーションを育む学びの環境にチャレンジしたいと考えております。
詳細: http://mba.nucba.ac.jp/program/bip/


本大学院では、これまでマネジメント思考のプログラムを提供してきました。マネジメント思考とは、問題解決のための実践的な経営意思決定能力など、過去の事例や経営学の理論研究を通じて培われる経営能力です。こうした「左脳的収束的」思考は、目標達成に向け組織を集中させるために、不可欠なチカラといえます。その一方で、革新的な商品やサービスで成長を続けるイノベーション企業、もしくは起業家はどのような思考スタイルを持っているのでしょうか?

この問題に対して、本大学ではマネジメント思考と相互に機能する形で、イノベーション創出に必要な「右脳的拡散的」思考を身につける「Business Innovation Program」の開講に至りました。クリエイティブな思考スタイルや新たな価値の提案の源泉となる起業家精神を、課題演習、フィールドワーク、ケーススタディによる実体験を通じて修得していただきます。

なお、講義はすべて週末(土日)に開講するため、社会人でも仕事との両立が可能。プログラム修了者には、修士(経営学)の学位が与えられます。


■名古屋商科大学大学院
土日のみで就学できる社会人向けMBAをはじめ、税理士養成プログラムなど、ビジネスに直結する実践的なプログラムを展開。国内初となる複数の国際認証の取得に成功し、世界的な大学ランキング(Eduniversal)において総合部門でアジア26位に選出。
http://mba.nucba.ac.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング