日経BPコンサルティング調べ ――「Webブランド調査2012-秋冬」(2012年10月実施)より―― 総合ランキングで「楽天市場」が2年ぶりに首位奪還、ネット専業以外ではサントリー、ANAがベスト10入り

@Press / 2012年12月21日 9時30分

表1
 日経BPコンサルティング(東京都港区)は2012年10月に実施した「Webブランド調査2012-秋冬*」の結果をまとめ(表1 http://www.atpress.ne.jp/releases/32327/1_1.JPG )、2012年12月21日に調査結果報告書を発行・発売した。企業や団体が運営する日本の主要500のWebサイトを対象に、「アクセス頻度」、「サイト・ユーザビリティ」、「コンバージョン」、「サイト・ロイヤルティ」「態度変容」、「波及効果」の6つの要素をインターネットユーザーが評価した。


■楽天市場が総合ランキングで2年ぶりに第1位に
■楽天市場、Amazon.co.jpとECサイトが上位を独占、「一般企業編」ではサントリーの企業サイトが第1位に
■ANAは、創立60周年のメッセージや、スマートフォンでのサービス拡充などのトピックスを提供、高評価に


●楽天市場が首位に返り咲き
 Webサイトの支持・満足度からサイトとしてのブランド力を評価する「Webブランド指数ランキング」(表1 http://www.atpress.ne.jp/releases/32327/1_1.JPG )の第1位は、120.7ポイントを獲得した「楽天市場」だった。2010年の7月に実施した調査以来、2年ぶりに首位となった。第2位は「Amazon.co.jp」となり、ECサイトがトップ2位を占めた。第3位は前回(2012年4月実施)のトップだった「Yahoo! JAPAN」。

 今回首位となった「楽天市場」(図1 http://www.atpress.ne.jp/releases/32327/3_3.JPG )は、前回からスコアの上昇が続いており、今回は特にWebサイト内で実際に行われた行動を測る指標であるコンバージョン指数が上昇した。メールマガジンへの登録・会員ページの利用増によるところが大きい。
 前回首位の「Yahoo! JAPAN」(図2 http://www.atpress.ne.jp/releases/32327/4_4.JPG )は、前々回(2011年10月実施)からスコアの下降が続いている。Webサイトへの訪問頻度を示すアクセス頻度指数は依然高く、ノミネートした500サイト中第1位を堅持しているが、サイト内でのキャンペーン、会員向けページの利用など、楽天市場がポイントを伸ばしたコンバージョン指数の低下により、他の上位サイトに追い上げられる形となった。

@Press

トピックスRSS

ランキング