インディゴ、「携帯電話番号認証プラットフォームSaaS」を課題解決ソリューションとして大幅にバージョンアップ

@Press / 2012年12月19日 11時30分

インディゴ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:伊藤 彰浩、以下 「インディゴ」)は、スマートフォン、従来型の携帯電話を問わずいずれの端末でも個体識別が可能な、携帯電話番号を個体識別情報とした認証サービス「携帯電話番号認証プラットフォームSaaS」を大幅にバージョンアップ致しました。


【サービス概要】
「携帯電話番号認証プラットフォームSaaS」は、単なるSMS配信サービスではなく、「SMS認証」と「IVR(音声自動応答)認証」を統合することにより、「携帯キャリアを問わず」「短い時間で」「手段を問わず」「確実に」ユーザが認証を完了することを可能にした、課題解決プラットフォームです。
本サービスにより、携帯電話番号認証を「簡単に短期間で」、かつ「安価に」導入できるため、スマホ・アプリ事業者やソーシャル・メディア事業者等の多くの会員制サイト運営事業者様にご利用頂いております。

サービス概要: http://www.indigo.co.jp/ss/sms.html


【バージョンアップ概要】
今回のバージョンアップでは、お客様への導入支援コンサルティング、及びご利用中のお客様よりご要望が多かった下記の機能を主にバージョンアップしました。

1.携帯電話番号認証の更なる精度向上:
認証手段を強化するとともに、携帯電話番号有効性チェック機能や認証を繰り返し行う不正な電話番号を排除するブラックリスト機能を追加し、電話番号認証の精度を上げるためのバージョンアップを実施。

(1)SMS認証:正式にauと接続し、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、auの3キャリアに完全対応
(2)IVR認証:電話のアウトバンド(電話発信)、インバウンド(電話着信)、認証PINコード音声読み上げ方式、認証PINコード入力方式、を組み合わせることにより、電話による認証で想定される全ての認証方式に対応
(3)認証ステータスのリアルタイムデータ提供

2.大量の認証リクエストへの対応:
プラットフォーム基盤の強化により、スタンダード版の標準プランでは処理数が不足する事業者様に対して、認証処理数を拡大できるオプションプランを設定しました。また、スタンダード版のキャパシティーを大幅に超えて大量配信を求められる事業者様には、占有環境を提供するプランを新設しました。最短5営業日で占有環境のスピード提供が可能です。

インディゴは、携帯電話番号認証サービスをソーシャルメディアの信頼性向上に非常に有効な解決策であると考え、携帯電話番号認証サービスのリーディングカンパニーとして、積極的にサービスの向上、及び機能拡張に努めて参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング