「Fan+(ファンプラス)」に「Short Film World」オープン!札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)上映作品を中心に世界中のショートフィルムから厳選して上質な作品をお届け!

@Press / 2012年12月21日 9時30分

「Short Film World」イメージ
NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井上 淳也)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」において、株式会社ビジュアル・ファーム(所在地:札幌市中央区、代表取締役社長:山岸 正美)は、SAPPOROショートフェスト実行委員会が主催する札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)で上映された短編映画・映像作品を中心に紹介する「Short Film World」(ショートフィルムワールド)を2012年12月20日(木)にオープンいたしました。

配信コンテンツは、PC、Androidスマートフォン・タブレット、iPhone、iPadなどのマルチデバイスでお楽しみいただけます。

「Short Film World」(ショートフィルムワールド)
http://fanplus.jp/_sfw_/


■札幌国際短編映画祭の紹介
2006年から開催している札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)は、世界から注目される国際映画祭として、以下の目的で始められました。
1) 新しい才能の発掘/育成
2) 国際交流
3) 地域活性化
4) 産業創出
5) 映像教育

SAPPOROショートフェストでは、国内でショートフィルムを売買できるマーケット(見本市)を開催しています。作品のカタログを管理するデータベースを活用し、映画祭期間中のマーケット会場での作品やフィルムメーカー、プロデューサーのプロモーションの機会を設けています。会期中6日間で1万人を超える観客を動員する国内最大級の国際映画祭で、毎年世界各国から約2,500本以上の作品が応募されています。2012年は世界93の国と地域から2,723本の応募がありました。

■「Short Film World」の紹介
「その場所に、ストーリーがある」
人やその場所から生まれるものがあります。
ショートフィルムを通じて、世界中の場所や人の魅力そしてストーリーをお届けします。
日本を代表するショートフィルムの国際映画祭、札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)と協力し、同映画祭の上映作品などを中心に紹介していきます。
短いからこそ伝えられる映像の世界「Short Film World」。
「Short Film World」イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/32380/A_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング