米ガートナー社のアジア太平洋地域通信事業者評価レポートにおいてNTT Comが「リーダー」に位置付け

@Press / 2012年12月20日 11時0分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、米大手ITアドバイザリ会社ガートナー社が2012年11月28日に発行した、アジア太平洋地域のネットワークサービスプロバイダーを対象とする「Magic Quadrant for Asia/Pacific Network Service Providers」(*1)(以下、Magic Quadrant)において、ビジョンの完全性と実行能力に基づいた評価により、「リーダー」のポジションに位置付けられました。これにより、NTT Comは、10年連続でアジア太平洋地域のネットワークサービスプロバイダーのリーダーと評価されたことになります。


1.ガートナー社「Magic Quadrant」の概要
 Magic Quadrantは、ガートナー社がサービスプロバイダーのビジョンの完全性と当該ビジョンの実行能力について調査し、評価するリポートです。「リーダー」のポジションは、選定されたサービスプロバイダーが、現在優れた業績を挙げており、将来性も非常に高く、市場の将来の方向性を決定付けるに足る優れた才能、能力、リソースを有していることを示します。(*2)

 なお、「2012 Magic Quadrant for Asia/Pacific Network Service Providers」レポート(英語のみ)は以下よりご覧下さい。
http://www.ntt.com/global/data/awards.html#gartner_mq2012


2.アジアにおけるNTT Comの取り組み
 NTT Comは、2011年10月に策定した「グローバルクラウドビジョン」のもと、世界中に分散したサーバーの統合をはじめ、ネットワーク、アプリケーション、音声、セキュリティなどICTシステム全体をまとめて最適化する「グローバルトータルICTアウトソーシング」を提供し、お客さまのグローバルビジネス展開をサポートしています。
 2012年は、ネットワーク仮想化技術を活用した世界初のクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」を日本と香港で提供開始したことに加え、クラウドサービスを支えるデータセンターやネットワークについても、シンガポールおよびマレーシアの新データセンター開設や、インド国内で7拠点のデータセンターを提供するネットマジック・ソリューションズ社の買収、さらにアジアの主要都市を低遅延で結ぶ光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」を運用開始するなど、高品質かつ高信頼なインフラの拡充を行ってきました。また、今後の成長が期待されるメコン経済圏においては、ベトナムで外資系通信事業者初の企業向けデータネットワークサービスを提供開始したほか、ミャンマー最大の都市であるヤンゴン市に新たな営業拠点を開設しています。さらに、2013年は、香港の将軍澳エリアにおいて新たなデータセンターの開設を予定しています。
 今後も、お客さまにとっての戦略的なグローバルICTパートナーであり続けるため、政治・経済・文化のあらゆる領域でますます成長を続けるアジア太平洋地域において、インフラやサービス強化への投資を続けていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング