日本サード・パーティとノーチラス・テクノロジーズは、オープンソースAsakusa Framework(TM)(*1)を活用した基幹システム向け分散バッチアプリケーション開発技術者の育成を目的に教育事業で協業を発表

@Press / 2012年12月25日 10時0分

日本サード・パーティ株式会社(略称JTP、本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:森 和昭、URL: http://www.jtp.co.jp/ )と、株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(略称:ノーチラス・テクノロジーズ、本社:東京都品川区、代表取締社長:神林 飛志、URL: http://www.nautilus-technologies.com/ )は、企業の基幹システムにおけるバッチ処理の高速化を実現するソリューションとして期待が高まっている分散処理技術Hadoop(*2)の企業内での活用推進を目的に、ノーチラス・テクノロジーズが開発しオープンソースとして公開しているAsakusa Frameworkを活用した分散バッチアプリケーション開発技術者向け教育事業での協業を発表しました。


このたびの協業で、両社は、JTPの教育ノウハウと、ノーチラス・テクノロジーズの基幹バッチシステム開発向けHadoop活用フレームワークAsakusa Frameworkのノウハウを組み合わせた開発者向けのトレーニングコースの提供を開始し、企業内における分散バッチアプリケーション開発を推進します。

複雑な業務アプリケーションをネイティブのHadoopで開発するには、Hadoopやそのほか周辺ツールに関する知識や、分散処理特有の知識を持って最適化を行える人材が必要となっていました。一方Asakusa Frameworkは、データフローに基づく設計手法を取り入れており、データフローやビジネスロジックの設計、実装時にはHadoopを特に意識せず、設計されたデータフローやビジネスロジックをDSL(Domain Specific Language)(*3)で記述さえすればAsakusa Frameworkが提供しているコンパイラーがHadoopに最適なJavaのソースコードを自動生成します。また、外部システムとの連携ツールやテストフレームワークなども提供されているため、品質の高い分散バッチアプリケーションの開発が可能です。

Hadoopや分散処理の複雑さを意識することなく、分散バッチアプリケーションの開発が行えるため、業務内容を理解しているユーザー部門主導で比較的容易に分散バッチアプリケーションの設計が可能となり、システム開発期間の短縮やコスト削減の実現性を高めます。両社は、基幹系システムの分散バッチアプリケーション開発は、企業システムにおける生産性の向上に寄与すると考えています。今後、両社で定期的にトレーニングコースを開催し、企業内システムにおける日本製オープソースソフトウェアを道具立てとした分散バッチアプリケーション開発技術者の育成を推進し、日本企業の成長に貢献して参ります。

@Press

トピックスRSS

ランキング