クリスマスに向けて、仮設住宅で新たな絆はじまる~ハンドベルを通して、心理カウンセラーによる音楽と絆のひとときを~

@Press / 2012年12月21日 18時0分

日本で初めての心理業の業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(※)が発足した、東日本大震災 心のケアを目的とした生活支援を行う民間ボランティアプロジェクト「TeamJapan300(チームジャパン300)(※)」では、東日本大震災で被災された地域に“元気な生活を取戻して頂きたい”という想いで、この未曽有の災害の起こった2011年3月の翌月4月より、被災地の方々に対し、現地の方々が少しでも元気となって頂けるのであればと、物資支援、労働支援、各種イベント(著名人の訪問、お茶会、マッサージ等)、もちろんカウンセリングなどの“こころのケア”等、あらゆる形の支援活動を継続しております。

「TeamJapan300」 URL: http://teamjapan300.net/index.html


岩手県釜石市平田地区は、仮設住宅の中でも保健師やケアセンター、心理カウンセラーたちが互いに連動しながら、被災地の人たちの復興と心のケアを行っています。
この平田地区で、今、12月のクリスマスに向けて音楽を使った癒しの時間を、住民たち自らが作り出していることをお知らせいたします。


平田地区には、今、約800名の方が第1、2、6仮設住宅で暮らしておられます。
震災から2回目の冬、まだ自分の家を再建できない方々の多くが、家族や自宅を失った悲しみを胸に、また、辛く雪に覆われた寒い冬を向かえようとしています。
私たち心のケアの専門家が何よりも気遣っているのが、このクリスマスや年末年始といった誰もが人として家族と過ごしたいと思うこの瞬間を、1人で過ごさなければいけない人たちが多くいるということ。気持ちが不安定になり、その孤独感からいてもたっていられないというような人が数多くいらっしゃいます。

昨年2011年度、全国心理業連合会TeamJapan300は、年末年始にいつもの5倍以上の人員を投入し、年末年始を寂しく1人で過ごさせない為に、仮設住宅を1件1件保健師さんたちと連動をとりながら個別訪問をし、そして、心のサポートに全力を尽くしてきました。
今年2012年、この冬被災地の方はどんな気持ちで迎えておられるのでしょうか。1年経っても何も変らない現状。クリスマス、お正月を迎える度に会いたくなる、そして二度と会えない家族、その想いはたった1年では薄まることも消えることもなく、今も尚、PTSDが被災地の人たちの心を苦しめています。

@Press

トピックスRSS

ランキング