NPO法人理科カリキュラムを考える会 教育シンポジウム「科学をどう教えるか2」を1月13、14日に開催

@Press / 2012年12月26日 11時0分

 NPO法人理科カリキュラムを考える会(所在地:東京都小金井市、理事長:滝川 洋二)は、2013年1月13日(日)・1月14日(月・祝)に「科学をどう教えるか2」(第14回全国大会を兼ねる)を東海大学代々木キャンパスにて開催いたします。

シンポジウム詳細URL: http://www.rikakari.jp


【本シンポジウム開催にあたって】
 米国では、1970年代以降認知科学に基づき科学的に追及する教育研究と、それに基づく教育改善が小学校から大学までの現場で成果を上げ、米物理学会等はこの研究に基づく授業方法を推進しています。E.F.Redish氏著 日本物理教育学会監訳「科学をどう教えるか―アメリカにおける新しい物理教育の実践」2012の出版を記念して、著者の研究仲間the Physics Education Research GroupのメンバーMike Hull氏(Maryland大学)がSkypeで講演し、国際的な交流を通して日本の優れた実践も参考にしながら、教育の在り方を考えます。この授業方法には、新しい教育機器が有効に使われていて日本での実践・開発や機器の紹介も行います。日本の新学習指導要領の実施が進み、その成果と課題を清原 洋一(文部科学省・教育政策研究所)氏に話してもらいます。


【本シンポジウム 概要】
テーマ:「科学をどう教えるか2」(第14回全国大会を兼ねる)
日時 :2013年1月13日(日)13:00~18:30・14日(月・祝)9:30~16:00
会場 :東海大学 代々木キャンパス 教育開発研究所 4号館 5階
    (〒151-8677 東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4)
講師 :滝川 洋二、清原 洋一、岸澤 眞一、笠 潤平、Mike Hull、舘野 泰一、石井 登志夫、湯口 秀敏、畝山 智香子、兵頭 俊夫、池田 和夫、大川 満里子、平山 勲、佐々木 清、小林 昭三、興治 文子、石渡 正志、佐藤 実、小川 慎二郎、木村 優里
主催 :NPO法人理科カリキュラムを考える会
共催 :東海大学教育開発研究所
協賛 :カシオ計算機株式会社(依頼中)
    株式会社アイカム
    株式会社朝日ネット(依頼中)
    株式会社アスク(依頼中)
    株式会社アルファ企画(依頼中)
    株式会社内田洋行(依頼中)
    株式会社島津理化(依頼中)
    株式会社第一学習社
    株式会社ナリカ
    株式会社バーチャル・ハーモニー
    KEEPAD JAPAN株式会社(依頼中)
    ケニス株式会社(依頼中)
    新日本電工株式会社(依頼中)

@Press

トピックスRSS

ランキング