アズパートナーズ、フラワーサービス業最大手日比谷花壇と提携

@Press / 2012年12月27日 9時30分

株式会社アズパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:植村 健志)は、11月14日(水)、フラワーディスプレイ、フラワーギフトの企画・制作・販売、装花を伴うイベントのプロデュース事業等を手掛ける株式会社日比谷花壇(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島 浩彰)と業務提携契約を締結しました。

当社は「アズハイム」ブランドにて介護付有料老人ホーム9箇所、デイサービスセンターを4箇所、ショートステイを1箇所運営しており、首都圏を中心に高齢者住宅を提供しております。2004年設立からの運営実績で培った【質の高いサービス提供】をモットーに、ご利用者の方々に安心してご利用いただけるようサービス提供を意識し展開してまいりました。

このたび日比谷花壇と業務提携契約を締結し、同社がその開発に携わる、高齢者の介護・認知症予防を目的にした「フラワーアクティビティプログラム」(※1)を、花を通じた介護予防及びレクリエーションとしてご入居者様・ご利用者様へ提供していくこととしました。また、看取り・エンゼルケア等のエンディング分野においてノウハウの共有を行いながら、介護スタッフ、介護サービスの更なる質の向上を目指すこととしました。


【業務提携の内容】
●当社の全ホーム及びデイサービスセンターで、介護予防及びレクリエーションを目的に日比谷花壇による「フラワーアクティビティプログラム」を定期的に開催し、花を通じた安らぎの時間をお客様へ提供する。
●介護サービスの更なる質の向上のため、当社の現場スタッフの中から、高齢者向けのフラワーアクティビティを運用する人材である「フラワーファシリテーター」を養成する。日比谷花壇は資格を取得するための講座を提供する。
●両社は、看取り介護、エンゼルケアの質の向上とニーズ収集のため、合同セミナー、事例研究、情報共有を定期的に行い、更にクオリティの高いケアを提供するように努める。
●当社はスタッフ満足や職場環境向上のため、日比谷花壇と協力し、日々の働きで頑張っていることへの応援メッセージや感謝の気持ちをカードと花を通じて本人に伝えるフラワーギフト「サンクスフラワー」を取り入れ、スタッフへ提供していく。
●両社は共同で、「花」と「思いやり」に包まれたエンディングに向けたサービスの充実を図り、葬儀サービス含めたエンディングストーリーを研究し、お客様へ提案していく。


【株式会社日比谷花壇の概要】
1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、株式会社日比谷花壇を設立。現在、全国に約180店舗を展開。フラワーディスプレイ、フラワーギフトの企画・制作・販売、装花を伴うイベントのプロデュース等を行い、花と緑溢れるライフスタイルを提案しています。
また、京都大学等の研究機関と連携し、切り花を介したアクティビティが高齢者に与える影響について共同研究を重ね、この研究成果をもとに、高齢者の介護・認知症予防を目的にした「フラワーアクティビティプログラム」の開発に携わり、同プログラムを運営する「フラワーファシリテーター」(※2)の育成をはじめ地域高齢者福祉において必要とされる人材育成と高齢者福祉支援活動に力を入れています。
2004年以来、遺族の深い悲しみが少しでも癒されるように、花本来のもつ優しさや美しさを活かし、しきたりや慣習にとらわれないお客様の望む葬儀を演出するお葬式サービス「フラワリーフューネラル」も事業展開しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング