1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アズパートナーズ 第10期に向けて新たなるステージへ更なるサービス向上のための取り組み

@Press / 2012年12月27日 9時30分

クレドカード
株式会社アズパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:植村 健志、以下「アズパートナーズ」)は、首都圏を中心にシニア事業「アズハイム」ブランドを展開し、現在有料老人ホーム9棟、デイサービスセンター4棟、ショートステイ1棟の運営を手掛けております。
当社は来期でいよいよ第10期を迎えます。現在、記念すべき来期に向けて新たなるステージへの土台作りとして、働くスタッフ全員が当社の企業理念やサービス内容を再認識し、それらを行動に移すことにより徹底したサービス体制の強化を図っております。
また、社員数においても来期には500人を超える規模の会社となる見込みでございます。業容拡大の中、今まで以上に、既存のスタッフと今後入社してくる新たなスタッフが同じ方向を向き、次なるステージへ邁進することができるように環境を整えることが重要であると考えております。そのため、協調性やチームワークを高める取り組みや、働くスタッフの満足度の追求、そして人材育成にもこれまで以上に注力をしてまいります。
ご入居者・ご利用者様と関わる際に、スタッフ全員が迷わずに「これが“アズパートナーズのサービス”です。」と自信をもって提供できるよう、今後も更なる「サービスの質の向上」と「スタッフ満足の追求」、ひいては「お客様満足の追求」に徹底して取り組んでまいります。


【更なるサービス向上のための取り組み】
<その1.理念コーラス(唱和)>
・企業理念・シニアサービス理念の徹底のため、全スタッフが理念記載のネーム入りクレドカード(理念カード)を所持し、毎日コーラス(唱和)を実施しております。
・全14事業所のエントランスに理念の額縁を掲示し、お客様へ理念に徹したサービスに取り組むことを改めて宣言しております。

(※クレドカード 左:企業理念、右:シニアサービス理念)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32497/1_1.jpg

<その2.サンクスフラワー制度>
・提携先の株式会社日比谷花壇と連携、各事業所のスタッフに対してメッセージカードとフラワーギフトを送る取り組みを開始しております。
・日々の働きで頑張っていることへの応援メッセージや感謝の気持ちを、カードとフラワーギフトを通して本人に伝えることにより、職場全体でのコミュニケーションツールとして利用しております。

(※フラワーギフトサンプル)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32497/2_2.jpg

<その3.ユニフォーム刷新>
・第10期を迎えるにあたり、コーポレートカラーを取り入れたデザインのユニフォームに刷新いたします。
・コーポレートカラーのデザインで統一することにより、アズパートナーズのスタッフ全員が協調性と一体感を持って、お客様にサービス提供できるようにしてまいります。

(※新デザインのユニフォーム)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32497/3_3.jpg

<その4.本社移転>
・スタッフ増員及び教育研修面での強化を通じ更なるサービスの質の向上に向けて、本社移転を行います。

【新本社概要】
新所在地   :〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2
        東宝ツインタワービル6階
        (アクセス:東京メトロ「日比谷駅」A5出口直結、
        JR「有楽町駅」日比谷口 徒歩3分)
新電話番号  :03-5501-1881(代表)
        03-5501-1885(不動産事業部)
新FAX番号   :03-5501-1888
業務開始日  :2013年1月7日(月)
面積     :506.98平方メートル
設計管理   :株式会社コスモスモア
接客側デザイン:松島潤平建築設計事務所
特徴     :・事務所面積を倍増。
        ・常時50名弱の人数による研修が可能な「研修ルーム」を完備。
        ・接客ルームは東宝ツインタワービルの外壁デザインを活かしつつ
         内装にリバーシブルルーバーを用いた斬新かつ温かみのある空間に演出。

(※新本社エントランスパース)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32497/4_4.jpg

(松島 潤平氏略歴)
2005年 東京工業大学大学院 建築学専攻 修士課程修了
2005年 隈研吾建築都市設計事務所 勤務
2011年 松島潤平建築設計事務所設立


【株式会社アズパートナーズについて】
2004年創業。首都圏を中心にシニア事業を展開。2009年に国の政策実施機関である投資育成会社が株主となる。今年12月には初のショートステイを開設。「世代を超えた暮らし提案型企業」を使命に更なる事業を展開。
働くスタッフの満足がご入居者様・ご利用者様の満足に繋がることを意識し、社内イベントや社会貢献活動を積極的に開催。職場を越えたスタッフの交流、コミュニケ―ションの機会を増やし、社員満足・人間力の向上に努める。また、シニア事業をお客様のニーズから生まれるサービス業として位置付け、高いホスピタリティとアズハイムのサービス理念を全スタッフが実践するようにしている。社名の由来でもある「あらゆる方々の良きパートナーとして・・・」を思いに、今後も社会に貢献し、存在意義のある企業として成長を目指す。

名称    :株式会社アズパートナーズ
主な事業内容:介護付有料老人ホームを中心とした高齢者ホームの運営、
       シニア事業全般、不動産コンサルティング事業等
       (*現在、首都圏を中心に介護付有料老人ホーム9箇所と
       デイサービスセンター4箇所、ショートステイ1箇所を展開。)
設立年月日 :2004年11月2日
所在地   :本社 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2
       東宝ツインタワービル6F
代表者   :代表取締役 植村 健志
売上高   :37億6千万円(2012年3月期)
TEL     :03-5501-1881
FAX     :03-5501-1888
ホームページ:コーポレートサイト http://www.as-partners.co.jp/
       アズハイム専用サイト http://www.as-heim.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

フラワーギフトサンプル 新デザインのユニフォーム 新本社エントランスパース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング