サプライチェーンを可視化し全体最適を実現するアスプローバ主催 「サプライチェーン・プランニング」無料セミナーを開催中!

@Press / 2012年12月27日 12時0分

Asprova SCMの画面
SCM / 生産スケジューリングシステム「Asprova(アスプローバ)」の開発・販売を展開するアスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表:代表取締役社長 高橋 邦芳)は、国外に生産拠点を置く企業が増える中、製造業のグローバル展開や複数拠点での生産や物流に必要となる「サプライチェーン・マネジメント」(以下、SCM)において必須要件となる「サプライチェーン・プランニング」(以下、SCP)をより多くの方に理解して頂くため、ハンズオンでの無料セミナーを開催しております。


■近年におけるサプライチェーン・マネジメント(SCM)の重要性
景気低迷が叫ばれて久しい中、大小問わず製造業が生産拠点を海外などに置くことで、少しでも国際競争に勝ち抜くための展開を行うことは今となっては普通のこととなっておりますが、複数拠点における生産や物流や在庫を正確に把握したうえで最適な施策を行っている企業はまだ多くはありません。SCMは需要から調達、生産、物流、顧客までの供給の連鎖を正確に把握し、在庫とコストの削減と販売機会の増大をはかり利益を生み出す、いまや製造業には無くてはならないマネジメント手法となっております。


■不確実性とサプライチェーン・プランニング(SCP)
SCMの難しさは、需要、供給の不確実性(予期できない変動)への対処であると言われています。昨年の東日本大震災に代表される地震などの天災や、最近では中国国内での日本企業への暴動などにより供給が計画どおりにいかない場合があります。グローバルに展開する企業のSCMでは、船便が2か月かかるなどリードタイムが長いため、国際紛争や事件などにより船便が計画どおりに来ない場合には、サプライチェーンの他の部分への影響は非常に大きくなります。工場では、機械故障、不良品の発生、ストライキなども起こります。供給不足が起こると売上損失が発生するばかりでなく、お客様への欠品が発生し会社の信用にも悪影響を与えます。これらの需要・供給の不確実性に対処するにはサプライチェーン全体の計画を立てることが必要となってきます。SCPは需要・調達・生産・物流の予期しない変動の、サプライチェーンの他の部分への影響を一気通貫にコンピュータで計算し、計画の多頻度化、リードタイム短縮、適正在庫計画・在庫削減、可視化を可能にします。


■「ハンズオン無料セミナー SCP編」開催概要
「ハンズオン無料セミナー SCP編」では、複数の顧客、工場、物流センター、サプライヤをチェーンしてスケジュールする「Asprova SCM」を用いて、SCP(サプライチェーン・プランニング)のトレーニングをハンズオンで学ぶことができます。資源、品目の拠点(サイト)や購買BOM(Bills of Materials)※、計画在庫といったSCP独自の機能やPSI表についてもご説明いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング