~心理カウンセラーの資質や基準を明確化~心のケア業において初の全国統一資格を制定 第1回「プロフェッショナル心理カウンセラー」上級167名が誕生

@Press / 2012年12月27日 15時30分

[履修カリキュラム]
日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:浮世 満理子、以下「全心連」)では、カウンセラーの資質や基準を明確にし、一般生活者がより安心して心のケアサービスを受けられる社会をめざして、業界初となる全国統一資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」認定資格を制定しました。
第1回となる今回は、9月下旬の一次試験(筆記)、11月下旬の二次試験(実技)を経て12月21日に、アテネオリンピック(2004年)体操男子団体の金メダリスト米田功氏を含む167名のプロフェッショナル心理カウンセラー・上級が誕生しました。


【心理カウンセリングのニーズが高まる社会的背景】
厚生労働省の「労働者健康状況調査」によると、2007年時点でも既に3割以上の企業がメンタルヘルスケアを重要視しています。重度なうつ病などは産業医らが担当しますが、職場や仕事の悩み、ストレスなどによる軽度なうつ症状など、心の疲れをケアする役割として、心理カウンセラーが活躍しています。健康な状態の従業員に対してストレスマネジメント研修を行うなどして、予防のためのサポートも行っています。
一方、自然災害や事故を含めた災害対策分野でも、強いストレスや絶望感、将来に対する不安などからうつ状態に陥る被災者が多く、心のケアが非常に重要です。東日本大震災後、全心連が事務局として推進しているカウンセラーのボランティア団体では、相手に寄り添い、傾聴することを主体としたカウンセリング活動によって、被災者のストレスを緩和し、災害による心の傷から立ち直るサポートを現在でも継続しています。
産業分野や被災地の他、育児や学校、介護など、相談者の生活により密着した場面でニーズが高まっており、カウンセラーにはこれまで以上に、相手に寄り添い話を聴く力、そして豊富な現場経験が求められています。


【従来の心理業関連資格にはない、「自身の社会経験や現場実習」と「倫理教育」を重視】
臨床心理士や産業カウンセラーなどよく知られているものから、実習がなく通信添削、書類審査だけで認定されるものなど、比較的知られているものだけでも20以上の類似資格があると言われています。プロフェッショナル心理カウンセラーが従来の資格と異なるポイントは大きく二点あります。

(1) 自身の社会経験と徹底的な現場実習
履修カリキュラムの中で、カウンセラーとしての現場実習を約650時間*必要としており、知識を得た後は徹底的な現場主義であるのが特徴です。相談者の悩みは十人十色。カウンセラーとしての現場実習の他、社会人経験をしてから専門スキルを取得するカウンセラーも多く、より相談者の立場を理解し、受容が高まると高い評価を得ています。
*他の類似資格と比べても非常に多い時間数です。詳細は後述のリンク「各資格試験の履修時間比較表」をご参照ください。

@Press

トピックスRSS

ランキング