留守番電話メッセージの新しいアプリケーション『直留守ドロッパー』1月17日ダウンロードサービス開始

@Press / 2013年1月17日 11時30分

アプリアイコン
ボイスバーン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表:斎藤由多加 )は留守番電話メッセージの新しいアプリケーション『直留守ドロッパー』を1月17日にリリース致します。


【『直留守ドロッパー』とは?】
何か要件を声で相手に届けたいが相手を呼び出しで煩わすことなく直接、留守番電話に吹き込みたいと思ったことはありませんか?留守番電話に吹き込んだり、留守番メッセージを聴いたりすることに高い通話料を払うことに疑問を感じたことはありませんか?なかなか相手が電話に出てくれないときにそのまま直接、留守番電話につないでもらいたいと思ったことはありませんか?そんな悩みを解消してくれるのが『直留守ドロッパー』です。相手に伝えたい内容を、文字メールで打つ煩わしさや、相手を電話で呼び出す煩わしさから解放するだけでなく、電話代や留守電サービスのオプション費用を節約することができる新しいアプリサービスです。

『直留守ドロッパー』は、電話よりも効率的なユーザーサポートなどにも利用できるように、2013年の一年間で3回のメジャーバージョンアップを予定しています。業務連絡などでの使用にむけたグループ化や、写真に動作ジェスチャーなどの線画を描き、声と同期する機能などを組み込む予定です。

また本アプリのプロデューサーは音声をゲームに取り入れることで新分野を開拓してきたクリエーターです。 当社が開発するクリアな音声をデータ化する技術と、ゲーム開発で培った洗練されたインターフェイスのノウハウが、『直留守ドロッパー』をはじめとする当社の製品にはふんだんにいかされています。今後のバージョンアップでは、そのユニークな発想が新仕様として組み入れられていく予定です。


【『直留守ドロッパー』サービス概要】
・サービス開始日:1月17日
iPhone及びAndroid両端末でお楽しみいただけます。
・App StoreのダウンロードURL(無料)
https://itunes.apple.com/jp/app/id583776547?mt=8
・Google PlayダウンロードURL(無料)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.voicebahn.chokurusu


【ボイスバーン・ジャパン株式会社について】
ボイスバーン・ジャパン株式会社は、2011年11月に、株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:鉢嶺登、証券コード 2389、以下オプト)とオープンブック株式会社(本社:東京都港区 代表:斎藤由多加)が出資して設立された合弁会社です。オプトが持つネット業界のビジネスマーケティング力と、オープンブックが持つ企画開発力を融合させ次世代のユーザー環境を提供することを目的に設立されました。今後も、「声」をつかったコミュニケーションを司るあたらしいサービスを提供してまいります。

■会社概要
代表者   代表 斎藤 由多加
本社所在地 東京都千代田区四番町6東急番町ビル
資本金   2,000万円
創業    2011年11月24日
事業内容  声の配信サービス「ボイスバーン」など音声を主とする
      マルチメディアコミュニケーションの研究開発

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

アプリ画像イメージ画像アプリ使用用途

@Press

トピックスRSS

ランキング