前立腺がんの治療機器『バード ブラキソース システム』を新発売 連結型シード線源により、シードの移動軽減に期待

@Press / 2013年1月17日 10時0分

連結したシード線源例
小林製薬株式会社の関連会社である株式会社メディコン(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:坪田 元明)は、前立腺がん治療に用いられる連結型の密封小線源治療機器『バード ブラキソース システム』の販売を1月7日に開始しました。


現在、日本において新たに診断される前立腺がん患者は、年間約5万人(※1)に及ぶとされており、その治療法は、がんの進行度合いにより手術療法、外部放射線療法、密封小線源療法、ホルモン療法、化学療法、待機療法など多岐に渡ります。
中でも前立腺がんの密封小線源療法は、「組織内照射」あるいは「ブラキセラピー」とも呼ばれ、長さ4.5mm、直径0.8mmの放射性シード線源を数十個、前立腺内に永久的に埋め込む治療法です。これらのシード線源から約1年間かけて徐々に放出される弱い放射線が、がん細胞に直接照射されるため、周辺組織や臓器への影響を低減できます。また、密封小線源療法の治療効果は前立腺全摘手術と同等以上という報告もあります。(※2)


■製品の特徴と利点
本製品は、合成吸収性素材のコネクタを用いてシード線源同士を連結して使用するシード線源です。シード線源を連結することで、以下の利点が期待されます。
1)医師が作成した治療計画に応じて、複数のシード線源を意図した任意の間隔で埋め込むことができます。
2)埋め込まれたシード線源の移動を軽減することが期待できます。(※3)
3)手技が簡便化され、手技時間の短縮が期待できます。

連結したシード線源例
http://www.atpress.ne.jp/releases/32579/a_1.png
シード線源が埋め込まれたX線画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/32579/c_2.png


■製品発売の背景
日本における密封小線源療法は、約120施設で年間約3,800例が行われています(当社推計)。従来品で起こりえる術後の合併症として、体内でのシード線源の移動が挙げられます。これは前立腺の周囲を走行する多数の血管によるもので、シード線源が前立腺内だけでなく、肺、骨盤腔等、まれに心臓へ移動することもあります。従って、米国では、年間約35,000例行われている密封小線源療法の約70%において連結型シード線源が使用されています。今後日本の医療現場でも、連結型シード線源を使った密封小線源療法が普及すると予測しています。

製品に関する詳細は、当社公式サイト http://www.medicon.co.jp をご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング