3ステップで作業時間約5秒!手差し作業時間比約92%を削減!アコ・ブランズ・ジャパン、新型「オートフィードシュレッダ」を新発売!

@Press / 2013年1月9日 12時0分

オートフィードシュレッダ「175AFX」
世界100ヶ国以上に展開する事務機器メーカー「Acco Brands Corporation」の日本法人であるアコ・ブランズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表:代表取締役 福留 俊博)は、現在の「オートフィードシュレッダ」ラインナップへの充実を図り、約5秒のセット作業を終えると一度に175枚までの紙を自動で細断できるオートフィードタイプの新シュレッダ「175AFX」の発売を2013年1月4日(金)より開始しましたのでお知らせ致します。


■オートフィードシュレッダ「175AFX」について
2011年にシュレッダ業界に先駆けて発売したオートフィードシュレッダ「100AFX」の流れを汲む175枚細断タイプ(最大オートフィード枚数:175枚)の新製品。オフィスでの使用人数を3~6名と想定した中規模オフィス向けへの推奨機種となります。用紙をセットする約5秒の作業を終えると、一気に大量細断を自動でできるオートフィードシュレッダで「究極の時短シュレッダ」を実現しました。また最大7枚までの手差し細断やメディア類(CD/DVD/CARD)も細断できるマルチタイプです。

新製品情報サイト: http://www.accobrands.co.jp/jitan_series/


■開発背景
シュレッダという製品が世に出て、2005年の個人情報保護法施行による特需を受け、現在では2008年の経済不況を受け、市場規模は縮小しておりますが、シュレッダを使うシュレッダユーザー人口は、1つの業界を形成するほど大きくなっており、一般的な家庭にもシュレッダを使う人が徐々に増えつつあります。使う人が多くなるにつれ、細断される書類の数や種類は増え、従来のシュレッダでは、一回に投入できる紙の枚数(=最大細断枚数)がマシンごとに決められており、それ以上の紙はスロット(細断物の投入口)には入りません。これはマシンに搭載されているカッター及びモーターのスペック、材質等によりますが、一般的にシュレッダは、エントリーモデルで1~6枚くらい、メインストリームモデルで5~18枚くらい、ハイエンドモデルで16~30枚くらいで、一回あたりに投入(細断)できる枚数は予め定められており(当社調べ)、それを超える枚数は、分けて細断する必要があります。これは、細断すべきものを「数える(カウントする)」「一回いっかい投入する」手間と時間が発生し、多くの書類を多頻度で細断されるユーザーにとってはストレスでありました。その手間から、シュレッダせずにごみ箱にそのまま捨てる等機密情報や個人情報が外部にさらされるリスクもありました。
オートフィードシュレッダは、そういった手間や時間からユーザーを解放してくれる革新的なシュレッダとなっております。今まで手動(マニュアル)で細断作業していたのが、オートフィードシュレッダは、自動(オートメーション)でおこないます。シュレッダの産業革命とも言えるマシンです。操作も簡単でボックスに書類をそのままいれれば、自動で細断を開始し、細断が終われば自動で電源がオフになる親切設計です。
これを実現したのは、Acco Brands Corporation(米国、イリノイ州)で企画・開発され、全世界(欧州、米国、アジア、オセアニア、中東等)で販売できる販売網とノウハウをもつグローバルカンパニーだからできることでもあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング