英語・英会話の学習SNSサイト「myBerry(マイベリー)」、オリジナル英語学習教材第4弾 全員参加型公開英語テスト「Everybody's English Test:みんなの英語テスト」を提供開始

@Press / 2013年1月10日 14時0分

英語テスト 成績表
このたび、株式会社ベリー(本社:東京都港区、代表:槇島 俊幸)は、英語・英会話学習専用SNS「myBerry(マイベリー)」( http://myberry.jp )のバージョン2.14にて、オリジナル学習教材第4弾、全員参加型公開英語テスト「Everybody's English Test:みんなの英語テスト」の提供を開始しました。


【Everybody's English Test:みんなの英語テストの概要】
「Everybody's English Test:みんなの英語テスト」は、オリジナル教材を提供するために「myBerry」が開発・開設した、メンバーのみアクセスが可能な「LearningStreet(ラーニングストリート)」上に配置される英語学習コンテンツの第4弾です。

これまでの英語学習コンテンツにおいては学習者一人で完結するものが一般的であり、それゆえ学習者のモチベーションに応じて学習の進捗とその効果にばらつきがみられました。そこで、「myBerry」ではSNSの利点を活用した仕組みを活かし、参加者の英語力をオープンにしたコミュニケーションを試みることで、ネットワーク効果により学習モチベーションの引き上げを図ります。その結果、学習者の自己学習の効果を向上させることについても目指しております。

「Everybody's English Test:みんなの英語テスト」ではメンバーがテストを完了すると、リアルタイムに自分の順位を確認し、他のメンバーの結果との比較や、メンバー同士でのテスト結果のシェアができます。テスト形式はTOEIC(R)テストに準じて作成され、リスニング・リーディングの2つのステージに分かれたテストを完了すると、英語力の診断結果と学習アドバイスが表示されます。

「Everybody's English Test:みんなの英語テスト」はこれまでの英語学習教材と同様、学習コンテンツとしての様々な機能も含まれています。復習するための学習ポイントもわかりやすく記載され、英語音声とともに活用することができます。そして、「myBerry」の数々の学習支援機能とも連動しています。英単語・フレーズ学習の支援機能「My Vocabulary(マイボキャブラリー)」にわずか1クリックで英単語や英語フレーズを登録でき、学習した内容は学習ブログ「EnglishLog(イングリッシュログ)」に自動的に記録されます。メンバーの専用ページより学習記録を閲覧し、学習管理機能を活用して、効果的な英語学習が可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング