高電社が中国特許に特化した翻訳ソフト 『J北京 特許翻訳エディション』を発売開始!~特許辞書と専門辞書で高精度な翻訳を実現~

@Press / 2013年1月22日 10時0分

『J北京 特許翻訳エディション』
株式会社高電社(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役:岩城 陽子)は、特許文書の翻訳に最適化した翻訳エンジンを搭載した、中国語(日中・中日)特許翻訳ソフト『J北京 特許翻訳エディション (呼称:ジェイペキン 特許翻訳エディション)』を2013年2月22日(金)より発売開始いたします。


『J北京 特許翻訳エディション』は、各分野の技術用語に関する知識や独特の慣用表現への対応が必要である特許関連文書の翻訳において、最適化された中国語翻訳エンジンと特許辞書・専門用語辞書を用いて、高い翻訳精度を実現した中国語特許翻訳ソフトウェアです。本製品には特許翻訳に特化した翻訳編集エディタ「対訳エディタ」に加え、Officeファイル、PDF、XML、SGMLなどのファイルを開かずに翻訳可能な「ファイル翻訳」、2つのテキストファイルを文字単位で比較する「くらべてきすと!」など、特許翻訳に特化したツールを多数搭載しています。

■ 製品紹介ページ http://www.kodensha.jp/soft/jbpat/


【『J北京 特許翻訳エディション』の特長】
(1) 特許文書の翻訳に最適化した翻訳エンジンを搭載「対訳エディタ」
「対訳エディタ」は、高度な翻訳結果を得るための翻訳編集エディタです。
「訳語選択」を使用して、特許用語や各分野の専門用語に訳語を置き換えて修正が可能です。また、原文と訳文をセットで登録し、独自の翻訳結果を得ることができる「翻訳メモリ」を搭載。対訳文例の共通部分をパターン化して登録することができるパターン登録や翻訳メモリデータの標準規格であるTMXファイルを利用した一括登録も可能です。
また、文章の解析をせずに専門用語や特許用語などの単語だけを翻訳する「単語翻訳」は、翻訳された単語情報から特許文書の概要を推測することに役立ちます。

(2) 豊富な特許辞書と主要ジャンルを網羅した専門用語辞書を搭載
10万語の特許辞書を標準搭載していますので、独特の慣用表現などが含まれている特許明細書などの文書を特許に特化した文法解析ルールで最適な形に翻訳することができます。さらに、専門性の高い用語が頻出する特許文書では、主要ジャンルを網羅した専門用語辞書を指定して翻訳することで、高精度の翻訳結果を得ることが可能です。

(3) XML・SGMLなどもダイレクト翻訳可能「ファイル翻訳」
ファイルエクスプローラーの右クリックメニューから、複数のファイルをダイレクトに翻訳することができます。
特許電子図書館から入手可能なテキストファイルやPDFの翻訳に便利です。また、特許情報データの標準形式であるXML・SGMLファイルの翻訳にも新しく対応しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング