タブレットでプレゼンテーションを効率化 スマートデバイス向けコンテンツ配信ソリューションを開発 各種コンテンツをプッシュ・プル型で配信、組織の生産性向上を実現

@Press / 2013年1月23日 14時0分

デジサインTab α(アルファ)/仮称
ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司)とサイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男)は、スマートデバイス向けコンテンツ配信ソリューションで協業します。

両社は平成25年2月6日より、『デジサインTab α(アルファ)/仮称』を提供し、プレゼンテーション効果の向上など、お客様先でタブレット端末を営業・企画提案活動で使う企業の生産性向上を図ります。

『デジサインTab α(アルファ)/仮称』は、紙芝居のような、スライドして商品を紹介する静止画コンテンツだけでなく、動画コンテンツもタブレット端末に効率よく配信し、お客様先で見せることが可能です。だれでも使う必要なコンテンツはプッシュ型で配信、それ以外にも必要に応じて社内システムからプル型でコンテンツをダウンロードするといったタブレット端末活用、コンテンツ配信における大塚商会での社内活用ノウハウ(*)を取り入れており、中小企業から大企業まで幅広くご利用いただけます。

『デジサインTab α(アルファ)/仮称』
http://www.atpress.ne.jp/releases/32806/1_1.png


最近では、お客様先でのプレゼンテーションやサポートなどでタブレット端末を活用する企業が増えています。より効果的な活用のためにはタブレット端末で使うコンテンツ(中身)が重要となります。しかし、利用していくうちにコンテンツ数が膨大になり、必要な情報を探しにくくなったり、古い情報を端末に残してしまったりといった検索性や利便性の点などに課題が発生しがちです。

そこで、両社はプッシュ・プル型両方による最新コンテンツの配布が可能で、コンテンツの利用状況を把握し、効果測定できるソリューションを開発しました。常に最新の情報を利用するだけでなく、複数のコンテンツを組み合わせて、お客様のニーズにあわせたコンテンツをその場で作ることもできます。これによりお客様先でタブレット端末を使った効果的なプレゼンテーションができます。また、「いつ・誰が・どこで・何を・どれだけ」コンテンツを再生したかというログを分析・検証することで、コンテンツ管理者は、お客様のニーズの把握ができることから、有効なコンテンツの作成に役立てることができます。

本ソリューションは、平成25年2月6日から東京都(港区)で開催される大塚商会実践ソリューションフェアにおいて展示をいたします。


ソリューション名:『デジサインTab α(アルファ)/仮称』
発売日 :平成25年2月6日
価格  :個別見積もり
     (「デジサインTab」SaaS版ライセンス 月額2,000円(税別)/ユーザ)
構成  :「デジサインTab」SaaS版ライセンス
     OSK製eValueNSドキュメント管理一式
     導入支援(デバイス設定・管理、セキュリティ対策など)
     コンテンツ作成支援
主な機能:
◆最新コンテンツをプッシュ式で配信
利用者全員に必要なコンテンツを常に最新の状態にしておくことができます。動画コンテンツの番組配信機能やアンケート機能で、タブレット型デジタルサイネージとしての利用が可能です。

◆コンテンツをプル式で利用可能な図書館機能
利用者別に必要なコンテンツは、社内の文書管理システムからプル型で端末にダウンロードが可能です。ダウンロードされたコンテンツは、予め設定された期限を過ぎると自動的に端末から削除されます。これにより、端末の限られたメモリ容量の有効活用および古い情報を使いつづけてしまうことを防ぎます。

◆複数のコンテンツを自由に組み合わせたシナリオ作成が可能なプレイリスト機能
コンテンツごとの単一的な利用だけではなく、複数のコンテンツを自由に組合せ、シナリオ作成が可能で、お客様の目的・課題に沿った提案が可能です。

◆オフライン環境でも取得可能なログ収集機能
「いつ・誰が・どこで・何を・どれだけ」コンテンツを再生したかというログを収集できます。これにより、コンテンツの効果測定や、コンテンツの具体的な使われ方など、現場の実態を把握することができるだけでなく、これらを分析することで、効果的なコンテンツの作成、使用につなげて組織全体の生産性向上を図ります。

◆コンテンツ管理者の負担を軽減するコンテンツ一括アップデート
コンテンツは一括でアップデートできますので、コンテンツ管理者の負担を軽減するとともに、コンテンツの更新もれなどを防ぎます。

◆個体認証による強固なセキュリティ
タブレット端末ごとの個体認証によるセキュアな環境で、外出先でも安心して社内システムからコンテンツをダウンロードできます。


(*)大塚商会におけるスマートデバイスコンテンツ配信
大塚商会では、平成23年7月に全セールスへiPadを配布し、同時にコンテンツ配信をおこなってきました。そうした中、コンテンツ数の増加や効率的な配信などの課題が発生したため『デジサインTab』をベースとしたシステムをサイバーステーションと共同開発し、利用を開始しました。お客様へより早く・より多くの情報をお届けするために、常に最新コンテンツをプッシュ型で配布し、必要に応じて社内システムからプル型でコンテンツをダウンロードしています。また、配布したコンテンツはその有効性を検証し、コンテンツ品質の向上を目指しています。この結果、従来の課題であった個人ごとのバラツキのある情報が均一化されると同時に、コンテンツ活用度の検証ができ、営業マンのスキルアップやチームのマネジメント強化をはじめとした生産性向上を図っています。


※ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。
※その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または、商標です。


【会社概要】
社名     : サイバーステーション株式会社
代表取締役社長: 福永 泰男
本社     : 石川県金沢市鞍月四丁目187番地
資本金    : 7,350万円
事業内容   : システム開発業務
URL      : http://www.cyberstation.co.jp


【お客様お問い合わせ先】
サイバーステーション株式会社 営業本部
TEL  : 03-5298-2192(代)
E-mail : toiawase@cyberstation.co.jp

株式会社大塚商会 共通基盤プロモーション部
TEL:03-3514-7650

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング