ベトナム ハイフォン市 産婦人科専門病院の経営・運営について

@Press / 2013年1月21日 14時30分

 株式会社キャピタルメディカ(所在地:東京都港区、代表取締役:古川 淳)は、ベトナムで産婦人科専門病院の経営・運営を開始することをご報告します。
 ベトナムをはじめとするアジア諸国や海外では、民間企業が病院を所有・経営するのが一般的です。今回当社は、ベトナムの大手製紙会社Hai Phong Paper Company(HAPACO)社との合弁会社で当病院の経営・運営を開始いたします。
 現在病院は、ベトナム北部のハイフォン市に建築中で、2013年に100床でオープンし、2016年までに200床まで増床する予定です。診療科は産婦人科と小児科が中心で、特に近年のベトナムの経済発展に伴う中級所得者以上の分娩ニーズに対応するものです。

 ベトナムの医療分野へは、これまで日本のODAなどにより多くの支援がされてきましたが、日本の病院経営・運営と言うソフト(医療サービス)が輸出されるのは今回が初めてとなります。
 当社は、日本からの人材派遣を行うとともに、現地人材の育成、効率的な日本式の病院運営のノウハウを提供していきます。発展途上にあるベトナムの病院運営において、役割分担が明確であり、コストマネジメントがされている日本式の医療オペレーションを導入することは、安全な医療を提供することに繋がると考えています。
 また、本件以外にも既にベトナムにて数件の直営病院の展開を具体的に検討しており、医療機器・医剤薬剤の物流など周辺インフラの整備と事業化も同時に進める予定です。


【病院の概要】
所在地  :ハイフォン市
事業費総額:20.5 US million dollars
竣工   :2013年7月
開業   :2013年9月
病床数  :100床(2016年までに200床へ増床予定)
主要診療科:産科、婦人科


【ベトナム北部の産科病院の状況】
・国立産婦人科病院(ハノイ):
400床(婦人科120床、産科180床、新生児科100床)。
2011年の出生数は約20,000人(54人/日)。ベッド占有率は、成人、149.6%、新生児、274.8%。

・中央産婦人科病院(ハノイ):
病床構成不明。
2011年の出生数は30,000人強。85~105人/日。

・フレンチホスピタル(ハノイ):
病床構成不明。
ベトナム在住の外国人向け産科だったが、現在は受診者の90%をベトナム人が占めている。1日当り分娩件数は6~9件/日(うち帝王切開3~4件/日)、月平均は200件/月。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング