新代表取締役就任に関するお知らせ

@Press / 2013年1月23日 13時0分

代表取締役社長 米倉 裕之
 カスタマー・コミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都港区)は、2012年12月26日開催の取締役会において下記のとおり、新代表取締役を選定しましたのでお知らせいたします。


1.新代表取締役の氏名及び役職名
氏名 :米倉 裕之(よねくら ひろゆき)
役職名:代表取締役社長


2.新任代表取締役の略歴等
[氏名]
米倉 裕之

[生年月日]
1966年6月14日生

[略歴]
1990年   東京大学農学部卒
1990年   東京海上火災保険株式会社
      (現:東京海上日動火災保険株式会社)
       船舶営業部、経営企画部、米国駐在等勤務
1999-2002年  ブルッキングス研究所(在ワシントンDC)客員研究員
2007年   GEコンシューマー・ファイナンス株式会社
      (現:新生フィナンシャル株式会社)
       マスターブラックベルト
2008年   株式会社ぐるなび 執行役員
2011年 6月 カスタマー・コミュニケーションズ株式会社 取締役
2012年12月 同社 代表取締役社長(現任)

◎主な役職(現任)
SRII (Service Research and Innovation Institute) Japan Chapter
ステアリングコミッティメンバー
日本政策投資銀行「競争力強化に関する研究会」アドバイザー 等


3.就任日
2012年12月26日


4.エンドースメント(代表取締役社長 米倉 裕之)
《購買行動データのプラットフォームとして進化し続ける》
 ビッグデータの活用によって市場の変革を先導し、着実にクライアント様の成果に結び付けていく。
 これがカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(CCL)の目指す姿です。

 ビッグデータに多額のIT投資を行う企業は世界的に増えていますが、未だ成功事例が少ないのはなぜでしょうか。
 それは、情報が爆発的に氾濫する中、意味のあるデータを選別し、莫大なデータの量・鮮度・多様性をハンドリングしながら、価値の高いアウトプットに結び付けていくことが難しいからです。
 CCLには、流通というリアルな場におけるビッグデータの活用に、圧倒的なノウハウがあります。それは、会員カードを持つお客様の購買情報(顧客ID付POS情報)というビッグデータを活用し、ブランド戦略、CRM、マーチャンダイジングの分野で、専門的な研究開発やマーケティングでの実践、効果検証のサイクルを10年以上積み重ねてきた実績に裏付けられています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング