FOBASコンサルティング、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の最新版を販売開始~国内外の主要なクラウド・ストレージ・サービスに対応~

@Press / 2013年1月29日 10時30分

FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)は、提供するクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBAS クラウドストレージキャッシュ(R)」(以下、FOBAS CSC)の最新版であるバージョン2.0の販売を、2013年1月31日(木)より開始いたします。


■背景
ビッグデータ時代のスケーラブルでオンデマンドなストレージとして、クラウド・ストレージへの期待が高まっています。それに伴いクラウド・ストレージを安全、快適、かつ経済的に利用するためのクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品にも注目が集まっています。

FOBASは、そのマーケットにいち早く注目し、2011年3月にSaaSでのサービス提供開始、2011年7月には、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ・アプライアンスのコミュニティ版を無償提供開始、2011年9月には国産初の商用クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の出荷を行い、マーケットをリードして参りました。


■最新版機能詳細

1) 国内外の主要なクラウド・ストレージ事業者および製品に対応

ビッグデータ時代を背景に、多くの事業者がクラウド・オブジェクト・ストレージサービスの提供を始めております。FOBAS CSC 2.0では、国内外の主要な事業者および製品への接続をサポートしています。

- Amazon Web Services S3(Simple Storage Service)
- Google Drive(旧Google Docs)
- ニフティクラウドストレージ
- Yahoo!クラウド ストレージ
- クララオンラインオブジェクトストレージサービス
- NTTコミュニケーションズ Bizホスティング Cloudn Object Storage(New!)
- 富士通 FGCP / S5 オブジェクトストレージサービス(New!)
- Windows Azure BLOB ストレージ(New!)
- IDCフロンティア 分散ストレージサービス powered by Yahoo! JAPAN(New!)
- クラウディアン Cloudian
- Basho Technologies, Inc. Riak(New!)
- Hadoop HDFS


2) より多様な提供形態と、販売方式

従来、OVF形式の仮想マシンアプライアンスとして提供して参りましたが、新たにSOHO Editionとして、専用ハードウェアにソフトウェアとクラウドサービスを組み込み済みで、2TBまでの容量が利用可能なハードウェアアプライアンスの提供を開始します。

@Press

トピックスRSS

ランキング