歯科医院の混み具合をホームページに表示するWebパーツ提供開始

@Press / 2013年1月24日 10時0分

活用イメージ
 株式会社ナレッジフロー(本社:東京都町田市、代表取締役:林 良生、以下「ナレッジフロー」)は、歯科医院の混み具合をホームページに表示するWebパーツ「デンタルアポWebパーツ」の提供を開始いたします。歯科医院の混み具合をホームページに表示することは、初めてのお客様からの電話予約の獲得に大変効果的です。また、「デンタルアポWebパーツ」は、アポ帳と連動して予約受付の可否を自動的に計算します。このため、スタッフの負担がかからず、情報がリアルタイムに更新され、間違いがないという特徴があります。

「デンタルアポWebパーツ」: http://dental-apo.jp/wp


■背景
 近年、お客様が歯科医院を選ぶ際に、インターネットで情報を調べ、医院のホームページを見て電話をかけることが多くなってきました。

 一方で、初めての歯科医院に電話をかけるという行為は、お客様にとって緊張する行為となります。加えて、人気のある歯科医院では、電話をかけても1ヶ月以上の待ちということがよくあり、電話をかける前に歯科医院の混み具合が分からないことがお客様にストレスを与えることとなっています。

 こうした事情を受け、予約の空き状況をホームページ上で公開する歯科医院が出てきました。

 しかし、これらの歯科医院は予約の空き状況の表示を手動で更新しています。そのことが、作業スタッフに負担をかけ、また、情報の遅れや間違いの元となっています。


■「デンタルアポWebパーツ」の概要
【特徴】
 「デンタルアポWebパーツ」は、歯科医院のホームページに設置できるWebパーツで、医院の混み具合(予約の空き状況)をホームページ上に表示します。

<実際の問い合わせにつながる>
 予約の空き状況をホームページで公開することは、初めて電話をかけようとするお客様の緊張を和らげ、実際に電話をかけてもらうことにつなげる効果があります。

<空き状況が一目で分かる>
 ホームページを見て予約をしようとするお客様は、いくつかの歯科医院のホームページを見て選んでいることがほとんどです。このときに、予約の空き状況が分かるということが他の医院と差を付けるための強力な武器となります。

<空き状況は自動で計算、表示>
 「デンタルアポWebパーツ」は、アポ帳と連動して、時間帯(朝、午前、午後、夕方など)ごとの予約の空き状況(◎◯△×など)を自動で計算して表示します。時間帯や◎◯△×の条件は、医院の利用状況に合わせて自由に設定することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング