フジワラ産業 津波・洪水避難ステージ付歩道橋の機能拡充 道路の占用に係る規制緩和に対応!

@Press / 2013年1月28日 9時30分

図(1)津波・洪水避難ステージ付歩道橋 全体拡張タイプ
 環境・防災設備機器メーカーのフジワラ産業(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:藤原 充弘、以下「当社」)は、地震・津波による巨大災害に備えた防災対策に早期から取り組み、津波避難タワーはじめ高台、ビル、歩道橋、シェルターなど、地域の実情に合った避難方法を開発、提案してきました。
 歩道橋についても有力な津波・洪水からの避難路と考えて、「津波・洪水避難ステージ付歩道橋」(以下「津波避難ステージ」)として開発、販売してきましたが、道路の占用に関して道路法の制約もあり、十分な展開が遅れていました。このたび法改正により道路の占用に関する規制が緩和され、道路を利用した津波避難施設が可能となりました。当社では、これを機会に津波避難ステージに付属設備を増設し機能を拡張して品揃えを充実し、地域の実情とニーズに柔軟に応えることのできる体制づくりを進めることにいたしました。


■歩道橋を津波や洪水からの避難場所として活用
 東北大震災の津波状況報告によると、歩道橋の上に避難して津波から命を守ったという生々しい写真や報告が少なくありません。下記はその一部になります。
・歩道橋に上った2、3秒後、津波は道路を一気にのみ込んだ。渋滞して身動きできなかった多くの車が、歩道橋の真下にできた渦に巻き込まれていった。
・津波に押し流されて迫り来る瓦礫、車、コンテナ…。地震による津波からなんとか歩道橋の上に逃れて助かった。
・目の前から迫る津波を見て、車を捨て歩道橋に逃げた。歩道橋に昇って助かった方の話では、50人ほどの人が避難した。

 津波避難タワーや津波避難ビルは、津波からの避難施設として欠かせないものですが、土地の確保と取得に費用と時間がかかる、沿岸部に利用できる高い建物がないなどの制約があります。身近なところに垂直避難場所を提供する上で、歩道橋はこうした制約を受けた時の有力な代替手段として関係者の関心を高めていました。
 海岸べりの避難タワーを建てる場所がないところに、歩道橋に強度を持たせ、予想避難人数が収容できるスペースを持ったステージを確保します。そして、津波の想定高さが歩道橋よりも高い場合には2階建てとし、避難ステージを2階に設置することにより対応します。
 さらに、軽自動車などが出入りできるスロープやヘリポートを設置し、高齢者や怪我をした方など歩行不可能な方々の避難路を確保すると共に、緊急の救急手当の場所とするなど、より充実した津波対策を実現することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング