“名刺代わりにセルフマガジン”カメライターかさこ、「かさこマガジン3」5,500部を無料配布中

@Press / 2013年1月28日 9時30分

かさこマガジン表紙
フリーランスのカメラマン兼ライター(カメライター)、ブロガーとしても活動するかさこ(横浜市在住、37歳、本名:笠原 崇寛)は、自身の活動を紹介するセルフマガジン「かさこマガジン3」(フルカラー、40ページ)を2013年1月1日に発刊しました。
5,500部を自費で印刷し、ブログ読者など希望者に無料で配布するという“奇特”な活動を行っています。


【カメライターという職種を活かしたフォトエッセイ集】
国内外各地を飛び回るトラベルフォトグラファーとして撮影した美しい写真の数々に、社会の洞察に優れた切れ味鋭いブロガーとしてのメッセージが織り込まれたフォトエッセイが中心の冊子が「かさこマガジン」です。
後半には詳しい経歴、講演などの活動紹介、19冊の著書紹介ページなどもあり、12年間、編集・ライター・カメラマンの仕事をしてきた集大成的冊子ともいえます。


【無料配布で営業ツールとして効果大】
クオリティの高さから「有料にしてもいいのではないか?」と読者から度々指摘を受けることもありますが、頑なに無料配布にこだわっています。
「冊子自体で利益を得ようと考えているものではない。あくまで冊子は個人の会社案内。見込み客となる出版社や制作会社にも郵送しており、営業ツールとしても使っている」と無料の意義を強調しています。
実際、これまで発刊した「かさこマガジン1」「かさこマガジン2」では、無料配布をきっかけに、執筆や撮影の仕事を複数いただいています。

カメラマンやイラストレーター、デザイナーなどのフリーランスのクリエイターは、営業する際「ポートフォリオ」と呼ばれるファインダーにとじた作品集を持参することが一般的です。ただファインダーを作成するには時間もかかり、数多くの会社に配布するのは困難です。
そこで「ポートフォリオ」を冊子にしてしまえと考えたのが「かさこマガジン」創刊のきっかけでした。


【セルフブランディングにネット活動だけでは不十分】
営業先ではない希望者にも無料配布することには、理由があります。
それは、「ブロガーはネット上で存在感があってもリアルな実態が希薄。そのため読者も離れやすい。年賀状的な意味合いで1年に1度、読者に感謝を込めてセルフマガジンを送ることで、ブロガーの実在を感じてもらい、アナログ的なつながりを増やしていくことが、長い目で見たセルフブランディングに役立つ」と考えているためです。


【セルフマガジンなのに広告が9つも!】
それでも5,500部も印刷すればコストはばかになりません。
印刷代、外注しているプロのデザイナーへの費用、封筒代、発送代などで70万円もの費用がかかっています。
ところがこのセルフマガジンには広告が入っており、これが「かさこマガジン」のユニークな点でもあります。「かさこマガジン3」では9名の方に広告を出稿していただきました。
セルフマガジン、言うなれば個人の会社案内であるにも関わらず、他社の広告が入っていることは前代未聞のことです。しかしこの広告費用があることによって、制作費の半分はまかなえています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング