コンチネンタルタイヤ、メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに新車装着

@Press / 2013年1月30日 10時0分

コンチスポーツコンタクト5
コンチネンタルタイヤ(本社:ドイツ、ハノーバー市)は、「メルセデス・ベンツ 新型Aクラス」に新車純正装着タイヤとして、以下のタイヤを納入しております。

・225/45R17 91W ContiSportContact(TM) 5 SSR MO Extended
・225/40R18 92W XL ContiSportContact(TM) 5 SSR MO Extended
・235/40ZR18 95Y XL ContiSportContact(TM) 5P MO

■サイズ一覧
http://www.atpress.ne.jp/releases/33035/1_5.pdf


今回納入しているのは、2011年に発表されたコンチネンタルのフラッグシップタイヤである「ContiSportContact(TM) 5(コンチ・スポーツコンタクト・ファイブ)」のランフラットタイヤとその「ContiSportContact(TM) 5」のスポーツ性能をさらに追求した「ContiSportContact(TM) 5P(コンチ・スポーツ・コンタクト・ファイブ・ピー)」です。名前の5Pの「P」は、スポーツを超えるパフォーマンス(Performance)を象徴する「P」を表しています。

<ContiSportContact(TM) 5の特徴>
ContiSportContact(TM) 5は、安全性に優れたプレミアムスポーツタイヤです。
独自の技術である「ブラック・チリ」コンパウンドに性質の異なる2種類のポリマーを配合。それにより卓越した走行性能と、ウエットグリップ性能や耐摩耗性能など安全性を高次元で両立しています。また、転がり抵抗を低減することで優れた低燃費性能を発揮すると共に快適性能も高めています。
「ContiSportContact(コンチ・スポーツ・コンタクト)」シリーズは、1994年の発売開始以来、欧州の自動車メーカーを中心に200以上もの新車装着タイヤとしての承認を得て参りました。
「ContiSportContact(TM) 5」も、メルセデス・ベンツ Aクラス、Bクラス、Cクラス、Eクラス、Sクラス、CLSクラス、SLクラス、Mクラス、GLクラス、VIANOに採用されています。


<ContiSportContact(TM) 5Pの特徴>
ContiSportContact(TM) 5Pは、どのようなドライビング状況においても、クルマの潜在能力をフルに発揮できる「ピンポイントを狙える正確な操縦性」と「力強く卓越したドライ・ウエット路におけるグリップ力」をメインテーマに、世界の名だたるカーメーカーやチューニングメーカーと共同開発したタイヤです。新技術や新素材を採用したトレッドパターン、構造、コンパウンドの開発により、理想的な路面接地と高剛性、優れたグリップ性能を発揮します。超高速域でのコーナリングやブレーキング時においてもコンチスポーツコンタクトシリーズ最高の安全性を確保し、さらに思い通りに操れるドライビングプレジャーを実現します。前輪、後輪の装着サイズが異なる車種向けに後輪専用タイヤも設定されています。「ContiSportContact(TM) 5P」は、メルセデス・ベンツ Aクラス、CLSクラス、SLクラス。AMG Aクラス、Bクラス、Cクラス、Eクラス、CLSクラス、SLKクラス、SLクラス、SLSクラスに採用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング