「ほんもののキレイで、東北に笑顔を。」 株式会社コクミンと資生堂販売株式会社近畿支社が東日本大震災支援プロジェクト“with0311”を再始動!2月16日(土)に「with Women Beauty Hour for 3.11」開催も決定!

@Press / 2013年1月30日 9時30分

店頭のポスター
株式会社コクミン(代表取締役社長 絹巻 秀展)と資生堂販売株式会社近畿支社(支社長 西海 透)は、2013年1月17日(木)より3月11日(月)まで、公益財団法人「JOICFP(ジョイセフ)」*1を通じ、東日本大震災の被災地支援を行う合同プロジェクト“with0311”を再始動しました。

2011年7月21日に、「関西女子の美力を、東へ」のスローガンのもとスタートした、東日本大震災で被災された妊産婦を対象とした支援は、フェーズごとに支援対象商品を増やしながら、2012年3月20日の終了時には延参加人数31,883人、累計寄付金額2,642,050円で終了。当該支援は、「ジョイセフ」を通じ被災地の妊産婦登録者2,403名に対する『ケショ』*2(義援金)として使用されました。
当プロジェクトは、阪神・淡路大震災の長い復興への道のりを経験した地だからこそ理解できる「風化の悲しみを防ぎ、未来に向かって歩き始めた被災地の女性たちに寄り添うように応援し続けること」を目的としており、今回は引き続き、前回支援した方々のうち継続支援を希望する1,753名の妊産婦登録者のママと赤ちゃんを対象に、コクミン店舗にて支援対象品*3購入1品につき20円を「ジョイセフ」を通じて支援してまいります。
また、関西における支援の輪を広げるべく、トークゲストに関西出身モデルで4児のママでもある堂珍敦子さん*4を迎えたイベント「with Women Beauty Hour for 3.11」を2月16日(土)に実施いたします。


【プロジェクト発足と再始動経緯】
2011年3月の東日本大震災以降、被害が甚大なため隅々までの支援がなかなか行き渡らず、特に女性への支援が滞っているという状況がありました。そのなかでいち早く被災地の妊産婦支援に動き出した公益財団法人「ジョイセフ」を通じて、阪神淡路大震災を経験した関西を地元とする「美と健康に奉仕するコクミン」と「女性の美しさを応援する資生堂近畿支社」で合同プロジェクトをつくり、小さいながらも販売という企業活動を通して、お客さまと思いを共有しながら継続的な支援を始めることといたしました。(実施期間:2011年7月21日~2012年3月20日)
昨年3月に初年度の支援を終えましたが、今なお、ストレスや孤独感を感じながら被災地で生活するママと赤ちゃんは多く、12年度以降も有形無形の被災地妊産婦と「つながる活動」を通じ自立を促す継続的な支援を行うことを表明している「ジョイセフ」へ、改めて支援を開始していくこととしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング