『菊正宗酒造株式会社との共同開発:「ご当地おつまみの旅」3商品』を発売

@Press / 2013年1月30日 16時0分

商品画像
日本酒類販売株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松川 隆志)は、菊正宗酒造株式会社との共同開発により、「ご当地おつまみの旅」3商品を、1月21日より全国にて発売いたしました。

1. 「塩焼き鳥」新橋編      30g/10袋×3入
2. 「酒粕漬けうずらの卵」神戸編 40g/10袋×3入
3. 「炙りイカ 七味焼き」青森編 25g/10袋×3入


◆菊正宗「ご当地おつまみの旅」について
“日本酒市場の活性化”の願いを込め菊正宗酒造株式会社と共同開発し、約1年をかけて完成させました。
シニア日本酒愛飲層をターゲットとし、今までありそうでなかった「日本全国を旅するおつまみ」として、ご当地感あふれる食材を用いて日本酒に合う味わいに仕上げております。
開けてそのまま食べられること、また小容量の食べきりサイズという手軽さが特長です。旅行気分を盛り上げる、或いは旅した街を思い起こさせる、そんな遊び心も盛り込んで、美味しいおつまみに仕上げました。


◆パッケージおよび製法について
パッケージは、フック穴付きレトルトパウチとし、「新含気調理法」を採用しました。この製法の特長は、食材と調味液を入れたパウチを密封する前に一旦空気を排出し、新たに不活性ガスを充填することで酸化を防止出来ることです。
また、段階的に加熱・殺菌を繰り返すのですが、通常のレトルト商品より加熱時間が短いことから、素材の風味を損なうことなく仕上げることが出来ました。これにより保存料、防腐剤等も使用せずに、常温で約1年間保存が可能となっております。


◆商品ラインナップ
各商品の詳細につきましては、当社ホームページをご参照下さい。
ホームページ: http://www.nishuhan.co.jp/news/detail/20130125.html

1. 「塩焼き鳥」新橋編 <30g、10袋×3入段ボール>
JAN 4971650800547
参考小売価格:200円(税別)
鉄道発祥の地であり、サラリーマンの聖地でもある新橋が選ばれました。新橋ガード下の味わい「塩焼き鳥」をそのまま袋詰めしました。噛めば噛むほど鶏の旨味が広がります。今回のシリーズのコンセプトでもある「日本全国を旅するおつまみ」にふさわしい逸品です。

2. 「酒粕漬けうずらの卵」神戸編 <40g、10袋×3入段ボール>
JAN 4971650800530
参考小売価格:200円(税別)
神戸・灘は、「菊正宗」の本社所在地。うずらの卵を「菊正宗」の薫り高い酒粕で漬け込み、燻製にしているので手がべたつかないのが特長です。口の中でじゅわっと汁気があふれる味わい。展示会で先行出展したところ、飲食店様から「お通しに使いたい」と大人気。パッケージには、菊正宗酒造株式会社の酒蔵に使われている酒林の画像を取り入れています。

3. 「炙りイカ 七味焼き」青森編 <25g、10袋×3入段ボール>
JAN 4971650800554
参考小売価格:200円(税別)
東北地方の復興の意味合いも込めて青森を選びました。生のイカを醤油だれでつけ焼きにし、七味唐辛子でピリ辛に仕上げました。新含気調理法を採用したことから、汁気は控えめながら、しっとり柔らかい食感に仕上がっています。パッケージはイカ釣り漁船の漁火とねぶた祭りのイメージにより旅情を表現しました。


◆賞味期限:各商品とも 製造日から365日


◆発売開始:各商品とも 2013年1月21日(月)


◆商品画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/33051/1_1.jpg


◆パンフレット イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/33051/2_2.jpg


◆会社概要
名称    : 日本酒類販売株式会社(略称:日酒販)
本社所在地 : 〒104-8254 東京都中央区新川1-25-4
設立    : 昭和24年(1949年)
資本金   : 40億円
代表者   : 代表取締役社長 松川 隆志
ホームページ: http://www.nishuhan.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

パンフレット イメージ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング