1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ソフトブレーン・フィールド、食品・日用品・医薬品など約100商品カテゴリーでのレシート購入証明付き購買理由データ提供サービスを開始

@Press / 2013年2月1日 10時0分

購買理由データ提供事業の全体図
 ソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬 博)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野 宏)との共同事業として、消費者の方が普段買い物している食品・飲料・日用品・医薬品・化粧品など約100商品カテゴリーの購買理由データをメーカー各社に提供するサービスを2013年2月1日より開始いたしました。

 このサービスでは、クレディセゾン社の800万人を超える本人認証度の高いネット会員のみを回答者とし、また回答の際に対象商品カテゴリーの商品名が記載されているレシート画像を提出させることで、精度の高いショッパーインサイト*2情報をメーカー各社に定量的にタイムリーに提供できます。これによりメーカー各社は、消費者動向に合わせたブランド戦略・販促計画をより精度高く立案できるようになります。

 なお今回のサービス開始に伴い、より多くのメーカーの方に当サービスの価値を感じていただけるよう、無償モニター制度を用意し、メーカーの方のご意見を踏まえながら、サービス品質の改善、顧客満足度の向上を目指していきます。

*1:ソフトブレーン・フィールド社調べ
*2:購入者の店頭での行動と心理の深い理解


【サービス概要】
■サービス名:
 購買理由データ提供事業

■クレディセゾン「永久不滅.com」サイト上のサービス名:
 『レシートで貯める』

■購買理由収集対象者:
 800万人のクレディセゾンのネット会員の内、当サービス登録会員

■購買理由収集の方法:
 - 指定する約100カテゴリー商品を実際に購入した会員が、その購買理由をレシート画像と共に報告
 - 登録会員に対して、対価としてクレディセゾンが運営するポイントサイト「永久不滅.com」にてポイントを付与

■購買理由データの販売先:
 消費財メーカー

■購買理由データの提供方法:
 契約企業に専用WEBサイトを通してデータを提供

■当事業の特長:
 - 日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ
 - 800万人のクレディセゾンのネット会員を基盤とした購買理由情報
  週次POSデータとの連動分析を可能とする週次購買理由データ

■購買理由データ提供事業の全体図:
http://www.atpress.ne.jp/releases/33107/a_1.jpg

■対象商品カテゴリー:食品・飲料・酒・嗜好品・日用雑貨・美容/健康・医薬品など107カテゴリー
http://www.atpress.ne.jp/releases/33107/b_2.jpg

■サービス詳細参照ページ:
http://www.sbfield.co.jp/service/pob.html


【参考】
<ソフトブレーン・フィールド株式会社について>
(1)社名    : ソフトブレーン・フィールド株式会社
(2)代表者   : 代表取締役社長 木名瀬 博
(3)本社所在地 : 東京都千代田区有楽町2-2-1 ラクチョウビル7階
(4)設立    : 2004年7月
(5)事業内容  : マーケティングリサーチ、営業アウトソーシング、
         人材サービスなど
(6)ホームページ: http://www.sbfield.co.jp/

<ソフトブレーン・フィールド株式会社のマーケティングリサーチについて>
 ソフトブレーン・フィールド株式会社は、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証1部・4779、本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6月17日、代表取締役社長:豊田 浩文)のグループ会社として、全国の消費者のプロである主婦を中心とした登録スタッフ約46,000名のネットワークを保有し、科学的な仕組みと携帯電話・インターネットを活かして、日本全国10万店舗をカバーする店頭情報収集インフラによるショッパー視点でのフィールドリサーチを数多くの企業様に提供しております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

対象商品カテゴリー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング