フジワラ産業 多目的利用可能な大規模津波避難施設を提案 公園や防災センターなどを兼ねて地域の中核施設として活用!

@Press / 2013年2月1日 11時30分

同心円タイプ大規模津波避難施設
 環境・防災設備機器メーカーのフジワラ産業(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:藤原 充弘、以下「当社」)は、地震・津波による巨大災害に備えた防災対策に早期から取り組み、津波避難タワーはじめ高台、ビル、歩道橋、シェルターなど、地域の実情に合った避難方法を開発、提案してきました。
 中でも津波避難タワー(商品名「タスカルタワー」は、地域に住む方々の緊急避難場所として評価いただき、1月末現在28基(3月末:35基予定)を納入させていただいております。
 本リリースの大規模津波避難施設(以下「大規模施設」)は、津波避難タワーが地域に住む小・中人数の方々(50人から600人規模)を対象としているのに対し、地域に住んでいる方々を含め津波発生時に居合わせた多くの方々も全て収容できる数百人から数千人規模の大規模施設です。そして、平時はそのスペースを活用し、各種の設備・機器を兼ね備えた多目的施設、地域のシンボルゾーンとして重要な役割を果たすこともできます。


■大規模で堅牢な大規模津波避難施設(特許取得済)
 野球場や陸上競技場の数倍の広さの敷地に予想される津波よりも高く盛り土をして、円形または楕円形の周囲を鉄板またはコンクリートの壁で囲んで数百人から数千人収容できる避難場所をつくります。
 壁の内陸側には開口路があり、開口路から外壁沿いに円周状に設置した進入路を駆け上って避難できます。また、進入路を大きく取ることにより車両も同時に避難することも可能となります。
 進入路には二つのタイプがあり、外壁に並行して設置する同心円(楕円)タイプとラセン状にしたラセンタイプのどちらかから選択できます。
 津波は、津波そのものの破壊力だけでなく船や家その他の大きな漂流物の衝突によりさらに大きな破壊力を発揮します。大規模施設をこの大きな破壊力から守るために、津波の押し寄せる海側と戻り波を受ける山側に頑丈なフロントガードとバックガードを設置します。さらに、外壁の両サイドにサイドガードを設けて、外壁の破壊を四方からしっかりと守ります。

<大規模施設の基本仕様>
避難収容人員:数百人から数千人
施設の規模 :収容人員の規模と設置場所のスペースに応じて決定
形態    :円形または楕円形
防護壁の高さ:津波の想定高さ+余裕高
防護壁の材質:鉄板またはコンクリート
防護壁の補強:フロントガード、バックガード、サイドガード
避難路   :同心円タイプまたはラセンタイプ
       車椅子、緊急・一般車両昇降も可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング