ネクスト・イット、ミライトとの業務提携を発表

@Press / 2013年2月1日 15時0分

 ネクスト・イット株式会社(東京都品川区、代表取締役:仲西 敏雄、以下 ネクスト・イット)と、株式会社ミライト(東京都江東区、代表取締役社長:鈴木 正俊、以下 ミライト)は、セキュリティ、クラウドサービス、ストレージ管理、プロフェッショナルサービス事業を中心とするICTビジネスに関する業務提携契約を締結したことを発表しました。
 両社は今後、GFi Software社製マルウェア解析ツール「GFI SandBox(サンドボックス)」、Open-Xchange社製メール&グループウェアOpen-Xchangeをエンジンとするオンライン・ストレージサービス「FileDock(ファイルドック)」、並びに中・大規模ストレージ管理ソリューション「Z-Series(ゼットシリーズ)」の販売・サポート・マーケティング活動を協力して行い、当該分野での売上の増大を目指します。


【業務提携の目的と提携内容】
 両社は、それぞれ、営業基盤、事業エリア、得意分野などの補完性が高く、シナジー効果を追求することによって、ともに次の時代に飛躍できるという認識で一致し、今回の業務提携に至りました。ネクスト・イットでは、今回の業務提携契約の締結により、以下の提携を通して互いのビジネスを拡大していきます。
・GFI SandBox、FileDock、Z-Seriesのミライトグループ顧客、見込み客への紹介。
・RiMICプロフェッショナルサービスのミライトグループ顧客、見込み客への紹介。

 ネクスト・イットの仲西 敏雄は、次のように述べています。「私どもは、現在顕在化している、あるいは、これから顕在化する市場のデマンドに対して、訴求力の高い商材を既に持っています。一方、私どもは、ベンチャー企業ですので、事業計画を実現するのに必要な“顧客層”を含む物理的経営資源と社会的信用の獲得が不可欠です。つまり、これらをアライアンス締結によって獲得することができれば、最も直接的、かつ効果的に、また最もスピーディに売上、信用増大に作用します。今回のミライトとの業務提携に至った最大の理由のひとつです。」仲西 敏雄はさらに続けます。「また、両社のシナジー効果を最大化するためには、厳選されたプロダクトに、経営資源を集中することも重要です。コアコンピタンスを再度明確にし、主力製品を絞り込みました。(1)マルウェア対策ソリューションGFI SandBox、(2)製品の中核にOpen-Xchangeを搭載した企業向けオンライン・ストレージサービスFileDock、(3)中・大規模ストレージ管理ソリューションZ-Seriesを提携後の主力製品として販売、マーケティング、サポート活動に協業して参ります。いずれの製品も訴求力に富んだソリューションで、特にFileDockは、NASを代替する利用が可能で、プロジェクト管理に活用できます。ミライトのユーザにはプロジェクトは不可欠ですから、大きなデマンドを期待することができるのです。」と仲西 敏雄は結んでいます。

@Press

トピックスRSS

ランキング