幻冬舎初の電子書籍フェア「電本フェス」2月1日より4週連続で開催!!~新作、話題作、名作、ぜんぶあります!~

@Press / 2013年2月1日 16時30分

「電本フェス」ロゴ
株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は、2013年2月1日より4週連続にて、初の電子書籍フェア「電本(でんぽん)フェス」を開催致します。
主要電子書店と連携し、4週間連続でテーマを設け、売れ筋電子書籍作品を配信してまいります。


【「電本フェス」概要】
幻冬舎創立20周年記念作品「奥の奥の森の奥に、いる。」(山田悠介著)をはじめとした、9作品について紙の書籍とほぼ同時電子化を実施するほか、幻冬舎ベストセラー作品の値下げ販売など、新しい取り組みを実施し、電子書籍の販売促進を狙います。

フェアタイトル:電本フェス
キャッチコピー:~新作・話題作・名作、ぜんぶあります!~
時期・テーマ :2013年2月1日(金)~28日(木)
        ※1週間毎1テーマ 計4テーマの販促フェアを実施
        1週目<待ってました!待望の初電子化> 2月1日~7日
        2週目<話題の新作 早くも電子化!> 2月8日~14日
        3週目<今だけお得! 心に響く名作特集> 2月15日~21日
        4週目<今だけお得!自分を高める名作特集> 2月22日~28日
        ※該当作品は別紙ご参照ください

【フェア作品】
1週目:<待ってました!待望の初電子化>
新ゴーマニズム宣言スペシャル 戦争論   小林よしのり
みんな邪魔                真梨幸子
ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 七尾与史
後悔と真実の色              貫井徳郎
スッキリ!                上大岡トメ
キッパリ!                上大岡トメ
ガンジス河でバタフライ          たかのてるこ
人間の幸福                宮本輝
星宿海への道               宮本輝
ワルボロ                 ゲッツ板谷


2週目:<話題の新作 はやくも電子化!>(紙とほぼ同時発売)
奥の奥の森の奥に、いる。
(※幻冬舎創立20周年記念作品) 山田悠介
日本の地下水が危ない     橋本淳司
浮かぶ瀬もあれ        白川道
60歳で小説家になる      森村誠一
社史編纂室 アフター5魔術団  安藤祐介
賢人の仕事術         酒巻久/小宮一慶/生島ヒロシ/佐々木かをり/渡邉美樹
賢人の簿記・会計術      山田真哉/近藤仁/高橋和徳/辛坊正記/高橋洋一
強い力と弱い力        大栗博司
ミツカン社員のお酢定食    ミツカン

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング