1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

災害発生時に命をつなげるサバイバルユニット『M200』発売開始!~いざという時に役立つ必需品を一揃え~

@Press / 2013年2月5日 9時30分

『M200』
防災製品の開発・販売を行う有限会社フォルム(代表取締役:浅沼 欽哉、本社:千葉県南房総市)は、災害発生直後に役立つ支援ユニット『M200』を、2月20日に発売開始いたします。災害が発生し公助が始まるまで、命をつなげるための必需品が揃った製品です。
製品イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/33158/a_1.JPG


【支援ユニット『M200』開発の背景】
首都直下型・東南海トラフなどに起因する大地震、また近年の異常気象による台風の大型化や突発的集中豪雨などの災害に対するリスクヘッジが叫ばれています。特に災害が発生してから公助が機能するまでの間(3~7日)はもっとも生命が危険にさらされる時間です。その間、私たちは自らの力(自助)でその生命の危機を乗り越えねばなりません。

特に大地震による災害は一瞬にして環境を変化させてしまいます。まずライフライン(電気・ガス・水道・通信)は寸断され、交通網が麻痺し、東京都の調査では帰宅困難者が500万人にのぼると推定されています。そして火災・水害・風害などが追い討ちをかけてくるかもしれません。

誰も頼ることができない災害発生直後のサバイバルを乗り越えるための大きな支援ユニットとして、『M200』を開発するに至りました。


【『M200』の特長とは】
~災害発生時に公助が始まるまで命をつなげるサバイバルユニット~

<ライフライン「電気・ガス・水道」を提供>
『M200』は、耐候性の非常に高いFRPボディでできており、3つのライフラインである「電気・ガス・水道」を緊急供給します。
防水シールドされたバッテリーユニットはCCA975A、20時間卒容量75A/hのディープサイクルシールドバッテリーで100V交流を出力します。防水処理済のため、水に浸かっても使えなくなることはありません(地上高50cmまで)。連続使用可能時間は携帯電話急速充電器60時間・リビング扇風機25時間・ひざ掛け電気毛布22時間となっています。バッテリーの充電は『M200』本体上部にソーラーパネルがセットされており、昼間は常時バッテリーの自然放電を補う充電をしているので、いつでもバッテリーは満充電の状態をキープしています(災害発生時に十分な充電をするためには別途大出力のソーラーシートが必要です)。
防水バッテリーボックス   : http://www.atpress.ne.jp/releases/33158/b_2.JPG
自然放電補充用ソーラーパネル: http://www.atpress.ne.jp/releases/33158/c_3.JPG

<ろ過浄水ポンプで飲料水を確保>
ろ過浄水ポンプとして、シーガルフォーの「ファーストニード」を搭載しています。このろ過浄水ポンプは、付属のろ過カートリッジで570Lの飲料水を作ることができます。近隣の池や小川の水、生活排水、風呂の残り湯などを飲料水に変えられ、利用も説明書を参考に簡単に行えます。シーガルフォーの「ファーストニード」は、世界中の検査機関で性能を実証済みです。

<冬の寒い時期に災害が起こった場合も、温かい食事を取れる>
災害が冬の夕方に発生した場合などは、厳しい寒さをしのがねばならず、温かい飲食が必要です。そのために、ハンディガスレンジと予備ボンベを搭載しています。ハンディガスレンジを保有されている一般のご家庭も多いですが、いざという時のために、『M200』の中にも用意しておくことで万全を期することができます。

<被災者の救出にも対応>
倒壊した建物にはさまれたり、家屋に閉じ込められた被災者を救出するために、長さ600mmのバールを搭載しています。

これらは、通常『M200』をご購入いただくと全て含まれています。これら以外にも、防災必需品をオプションから選べる「オプション選択タイプ」や、必需品をすべて搭載した「コンプリートタイプ」(大型ソーラーフィルムを除く)をご用意しています。防災必需品は、カテゴリー別に非常食・救難用品・防寒用品・照明電池・その他の備品などを用意しております。
『M200』コンプリートタイプ: http://www.atpress.ne.jp/releases/33158/d_4.JPG


【『M200』概要】
製品名 :M200
発売日 :2013年2月20日
販売価格:オープン価格
購入方法:ホームページ「災害サバイバル.com」もしくは、
     お電話(03-5429-8761)にてご購入いただけます

※「災害サバイバル.com」は、2月中旬にオープン予定です
※『M200』の販売店は随時募集しております。お電話(03-5429-8761)でお問合せください


【会社概要】
会社名   :有限会社フォルム
代表者   :代表取締役 浅沼 欽哉
所在地   :本社(登記)
       〒299-2726 千葉県南房総市和田町小川
       東京支社(活動拠点)
       〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-26
設立    :昭和63(1988)年1月26日
事業内容  :防災製品開発・販売、FRP製品製造・販売、
       エンターティメント事業(弁慶橋ボート場)
ホームページ:災害サバイバル.com(2月中旬にオープン予定)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

防水バッテリーボックス 自然放電補充用ソーラーパネル 『M200』コンプリートタイプ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング