国内初のコミュニティデザイン学科新設に向けた記者発表を実施

@Press / 2013年2月1日 15時0分

山崎 亮氏
東北芸術工科大学(所在地:山形県山形市、学長:根岸 吉太郎)は、幸せで美しい社会を目指し、社会課題を人々のつながりから解決できるコミュニティデザイナーを育成する、コミュニティデザイン学科を2014年4月に新設するため、文部科学省へ収容定員増の申請及び学科設置の届け出を行うことを、2012年12月19日(水)の理事会で決定致しました。
学科長には、コミュニティデザインの分野を牽引する山崎 亮(やまざき りょう)氏をお迎えする予定です。
つきましては、コミュニティデザイン学科の新設についての記者発表を2013年2月5日(火)に致します。報道関係の皆様には取材にお越し頂き、多くの皆様へお伝え頂けますと幸いです。


●コミュニティデザイン学科新設に向けた記者発表
日時 :2013年2月5日(火)15:00~
会場 :東北芸術工科大学 本館6階 第一会議室
住所 :山形市上桜田3-4-5
出席者:根岸 吉太郎(学長/映像学科 教授)、
    山崎 亮(studio-L 代表取締役)ほか


■新設までのスケジュールと定員について(予定)
2013年3月末  コミュニティデザイン学科の設置に向け、
       デザイン工学収容定員を5名増とする認可申請
2013年4月末  文部科学省へコミュニティデザイン学科の設置届け出
2013年6月末  文部科学省によるデザイン工学部収容定員増の認可、
       及びコミュニティデザイン学科設置届け出の受理
2014年4月1日 コミュニティデザイン学科1期生受け入れ


■studio-L×東北芸術工科大学
コミュニティデザインという捉え方で地域の問題解決に取り組み、注目を集める山崎 亮氏。代表取締役を努めるstudio-Lでは、人がつながる仕組み作りや担い手育成などの「見えないデザイン」から、その中で生じたプロセスや成果を見える化する「見えるデザイン」まで、様々なデザイン的手法を使って、食、農、自然、福祉、観光、アート、教育、環境、エネルギー、医療、防災などの分野に取り組んでいます。このビジョンを東北芸術工科大学に持ち込み、山形で新たな展開を計画予定です。詳しくは記者発表時にご報告致します。


■国内初のコミュニティデザイナーを育成する学科
コミュニティデザイナーとは、ファシリテーション力とデザイン力に担保された、課題発見能力と課題解決能力を備えた人材のことで、これを専門とする学科は国内初。人と人とをつなぐことで、地域の課題解決に貢献します。芸術とデザイン分野の総合大学としての特徴を生かし、ワークショップやイベントの企画運営、WEB制作、出版物編集、ランドスケープ・建築・インテリアのデザイン提案などの複合的な分野を学ぶことで、地域に存在する課題解決に貢献できる人材を育成します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング